肌の老化を防ぐにはどうする

どうすればいいの?私のエイジングケア対策
肌の老化を防いで20代のころに戻りたい~

スキンケアで対策するには!

アラサー・アラフォー世代にとってエイジングケアは日課ですよね。
スキンケアで肌の老化を防ぐためには少なくとも下記の3つは必須!

●【イオン導入美顔器】コラーゲンがしっかりしていること!

お肌の弾力を取り戻すにはビタミンC誘導体を美顔器で
イオン導入することが有効なんです。

まだ10代20代であれば、それほど必要ないかもしれませんが、
30代以降の若返り対策には1週間に1回2回必須です。

※おすすめ商品については姉妹サイトもご覧ください
老け顔防止に人気の美顔器

●【ピーリング】表皮のターンオーバーが正常であること!

お肌表面のターンオーバーを正常にするには、
滞った古い角質をはがして新しい皮膚を生成させることが有効。

これにはピーリング!!!いろいろ商品が出回ってます。
美容整形クリニックでもできますが自宅で行うと安上がり!

※おすすめ商品については姉妹サイトもご覧ください
ピーリングで角質除去

●【美白化粧品】シミを作らせないこと!

シミを作らせないことは美肌に重要ですよね。
お肌の色にムラが無ければ肌色がキレイに見えます。

これには美白美容液で対策します。美白とは漂白ではなく
シミをブロックすること!メラニンを抑えるのが美白コスメの目的です。

※おすすめ商品については姉妹サイトもご覧ください
メラニンの生成を抑える美白化粧品

お肌が老化する4つの原因とは?

●紫外線の影響
お肌の真皮層にあるコラーゲンを変性させて老化を早めます。
皮膚ガンを誘発するなどマイナス点が多い!

●活性酸素
紫外線、ストレス、喫煙などで活性酸素が発生します。
鉄と同じようにお肌も酸化してサビついて老化します。

●肌環境の劣化
コラーゲンの減少。お肌の水分量・油分量の減少。
ターンオーバーの低下・乱れ。など、
加齢の影響からさまざまな機能が衰えてきます。

●生活環境
睡眠不足、栄養バランスの悪い食生活、
間違ったダイエット(食事抜き・運動しない系など極端な方法)
といったことが影響します。

油断大敵!紫外線

紫外線UVA波は雲やガラスも貫通してきます。
曇りだからといって安心できません。

また、家の中でも日差しが差し込むなら必ず日焼け対策しましょう。
普段はSPF15~20、PA++かPA+程度の日焼け止めがおすすめ。

コスメで肌の老化を防ぐための美容成分とは?

●ビタミンC誘導体
ビタミンCは分子が大きくそのままではお肌に浸透しないため、
皮膚に吸収しやすく工夫したものがビタミンC誘導体です。

●抗酸化成分(ポリフェノール)
イソフラボン・カテキン・アントシアニンなどがポリフェノールです。
具体的にが赤ワイン・ブドウ・お茶・大豆などです。
活性酸素の働きを抑えるのに役立ちます。

●レチノール(ビタミンA)
目元のシワ対策としてよく使われる美容成分です。
ただし、やや刺激があるので合う合わないはあるかも?
妊娠中は過剰摂取できないので皮膚科に相談してください。

●ビタミンB3(ナイアシン)
お肌のコラーゲン生成を促します。
その結果、肌のハリ・ニキビ対策などが期待できます!
刺激は少ないのでお肌の弱い人もOK。

シワ・たるみ予防に欠かせないコラーゲン

真皮のコラーゲンが劣化、減少するとシワ・たるみが発生します。
このため、お肌の老化を防ぐ重要な成分はコラーゲンです。

とはいえ、コラーゲンを増やそうと思っても難しいのが現実!
自宅でできる対策で最も堅実な方法は食品やサプリでの補給です。

といっても直接コラーゲンサプリを摂らなくてもOKです。
プラセンタやアミノ酸でも真皮のコラーゲンになります。
高タンパク低カロリーな食品も効果的です。

スキンケアでは、レチノール、ナイアシンが重要。
ビタミンC誘導体のイオン導入も関連があります。

美容整形クリニックでお肌の老化を防ぐ

上記の対処で効果がなければ美容整形クリニックが最終手段になります。
コラーゲン注射、プラセンタ注射、ヒアルロン酸注入、
ビタミンC誘導体のイオン導入をクリニックで行うと効果大です。

レーザー治療や光治療などの方法もありますが、
ダウンタイム(皮膚が元の状態に戻るまでの時間)があるので
会社に通っている方は注意が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る