赤ら顔をメイクでカバーするには

赤ら顔をカバーするメイク

白い肌の人ほど目立ってしまう赤ら顔ですが、これをカバーする方法はあります。下地やファンデの色をグリーン系またはイエロー系にすると赤が隠れます。

とはいえ、ファンデの厚塗りは気持ち悪い状態になってしまうケースがあります。また、どんなに塗っても白っぽく浮いてしまうというケースもあります。

単に赤ら顔といっても人によって状態や範囲など程度が違います。試してみたけどファンデーションでは赤ら顔が隠せないという場合は『コンシーラー』でピンポイントに使ってみるという方法があります。ファンデよりも自然に隠せます。これならポイントで塗るので全体的に厚塗りになることはありません。

赤ら顔を自然な肌色に導くコンシーラー

非常に珍しいコンシーラーがあるので紹介します。赤ら顔を自然な肌色に導くアボカドグリーンのコンシーラー『アカラバー』です。『頬の赤み』『ニキビ跡』『小鼻の赤み』などにピンポイントケアするだけ。

赤ら顔の色とアボガドグリーンの配色で自然な肌色を演出します。

紫外線に対しても防御力もあります。SPF50+PA+++という高スペックです。これを日焼け止めの代わりにする人はいないと思いますが、赤身を抑えるためにも日焼けは避けたいところです。

>> 『アカラバー』の公式サイトを見る

スペック

>> 『アカラバー』の公式サイトを見る

種  類コンシーラー
タイプ赤みかくし
価  格2,239円(税抜)
送  料ヤマト運輸のネコポスで380円
容  量120g
主な美容成分アボガド油

赤ら顔・シミ・クスミをアボカドグリーンの黄緑色で自然な肌色に導くコンシーラー。

>> アカラバーの公式サイトを見る

赤ら顔を治すのは原因次第か!?

赤ら顔を治すにはに日々のスキンケアが大切ですが、いくつか原因があります。それによっては対策が難しい場合もあります。

  • ①皮膚が薄い
  • ②血行不良
  • ③ニキビ・炎症
  • ④色素沈着
  • ⑤毛細血管拡張症

ズバリ赤い色は血液の色です。皮膚が薄い人は下の毛細血管が透けてしまうので赤っぽく見えてしまいます。これは対策が難しいといえます。コンシーラーなどのメイクでカバーするのがベストです。

血行不良で血液の循環が悪く鬱血(うっけつ)していると皮膚の色が赤っぽく目立ちます。これは改善の余地が大ありです。食生活・マッサージなど血行不良の改善に関しては別の記事にします。

ニキビによる炎症状態も当然ですが赤身を帯びます。赤ニキビとも呼ばれている状態です。これもニキビ対策を行うことで改善の余地があります。スキンケアが重要です。こちらもニキビの記事を参照してください。

④の色素沈着はニキビ痕や傷痕などで色だけが残ってしまうケースです。こちらはスキンケアの分野です。表皮の新陳代謝(ターンオーバー)が滞っていると色素が外に出てくれません。化粧品だけじゃなくピーリングも効果的です。それでも治りにくい場合は、美容整形や皮膚科の先生に相談してみるといいですよ。皮膚科しか処方できない強めのピーリング剤やレーザー機器などで改善可能です。

毛細血管拡張症は美容整形のレーザーで改善可能です。『フラクショナルCO2レーザー』『アキュチップ』『LP-YAGレーザー』などいくつかあります。クリニックで『赤ら顔を治療したい』という相談をしてみてください。

赤ら顔専用美容液もある

上記で紹介しているコンシーラーと同じメーカーから『Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)』という商品も販売されていて人気となっています。こちらの美容液は1本(50ml)で¥18,000ということで決して安くはないですが、興味がある方は参考にしてみてください。

また、この美容液のトライアルセットもあります。本商品を1本使い切るくらいでないと効果の確認は難しいため、トライアル品では美容液が自分の肌に合うかどうかの確認という意味合いになります。下記の3点がセットで税込¥2,500で販売されています。

Nu:アカラフォーミュラ(7ml)
Nu:モロカンクレイソープ(18ml)・・・石鹸
Nu:ピーリングタオル・・・古い角質が落とせるタオル

Nu:アカラフォーミュラトライアルセットはこちら

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る