目の下のクマを取る化粧品

目の下のクマは高価なアイクリームでもダメ!
目元の皮膚痩せを解消しないと根本解決しない

目の下のクマ対策アイショットクリーム

メイクで隠しきれない目の下のクマに!
『皮膚痩せ』による目元の悩みを解決する
目の下のクマ対策アイクリーム『アイキララ』

>> 『アイキララ』の公式サイトを見る

※医学誌「医学と薬学」の73巻11号2016年11月に掲載されました。『目元クリームによる目元のクマとたるみの改善効果』についてアイキララを使用して目元の状態を調査した論文が掲載されています。

なぜ目元にクマが出来るのか?

よく寝不足が原因で目の下のクマが目立つことがありますが、睡眠は足りているにも関わらず目の下にクマができるケースは皮膚の老化です。皮膚の真皮層にあるコラーゲンが減少してしまったことによるものです。つまり、目の下の皮膚が痩せてしまうと常時クマができたようにみえます。

目の下の皮膚は他の場所よりも極端に薄いのが特徴です。人によって異なりますが顔の中でも厚い部分は約2mmで目の下は約0.5mmと言われています。こうなると、下の皮下脂肪や皮膚の影などがクマとなって見えてしまいます。

この皮膚痩せは目元のマーサージでは根本解決できません。また、化粧下地やコンシ-ラーで隠すのも限界があります。そこで根本解決が必要になってきます。

クマを消すためには!

目のクマを消す最も重要な鍵になるのは『コラーゲン』です。これがないとハリと弾力が失われて、さらに皮膚の薄い目の下は、下の皮膚が透けて黒っぽく見えます。

これを解消するために、一般的な目元専用アイクリームではレチノール(ビタミンA)系の成分を配合したものが多いです。これだとコラーゲンを育てるのをサポートします。皮膚科でも処方してもらえます。が、非常に刺激が強いのであまり多用できません。

アイキララの場合は『MGA』というビタミンC誘導体を使用してコラーゲンをサポートします。詳しく説明すると、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸という特殊なビタミンCを使っています。これは脂肪酸とグリセリンが結合したビタミンC誘導体で、コラーゲン産生促進・メラニン生成抑制・保湿・酸化防止などの特徴があります。

ビタミンCそのものは元々コラーゲンをサポートする効果がありますが、さらにMGAという特殊なビタミンCを使って目の下の皮膚を育てる専用のクリームとして開発されています。目元がふっくらしてくると健康的な肌色を取り戻して顔が明るく見えます。

アイキララの使い方について

使用する順序としては化粧水のあとにアイキララをつけます。乳液よりも前です。ただし、オールインワン化粧品を使用している場合はオールインワン化粧品の後にアイキララをつけます。

つけた直後は上から優しくトントンと浸透させます。その後、クリームを伸ばします。強くこすると余計な色素沈着を起こしてしまうことがあるので優しくなじませましょう!1日2回毎日使用するのがベストだそうです。使う量は1回ワンプッシュなので一定です。これを左右に分けて使用します。

ワンポイント紹介!

クマの原因となる目元の皮膚痩せ対策に!
MGA(特殊なビタミンC誘導体)がコラーゲンをサポート
ハリと弾力を覚醒させるアイクリーム

スペック

>> 『アイキララ』の公式サイトを見る

種  類アイクリーム
タイプ目の下のクマ対策
価  格2,980円(税別) ※単品買いの場合
送  料全国一律181円(税別) ※ゆうパケットの場合
容  量10g(約1カ月分)
主な美容成分ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(MGA)
  • 2016年モンドセレクション金賞

定期便で購入すると安く買えます。年間コースだと20%オフの1個2,384円で買えます。

>> アイキララの公式サイトを見る

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  4. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  5. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る