ハイドロキノンでシミを消したい

ハイドロキノンは肌を美白に導く成分の1つとして知られています。 日本では2001年の薬事法改正により、ようやく化粧品への配合が 認可され、化粧品成分として使用できるようになりました。その美白効果はアルブチンの約100倍ともいわれるほど!このあたりを考慮して選んだ商品ベスト3がこちら。

アンプルール『ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ100』

>> ラグジュアリーホワイトの公式サイトを見る

種  類トライアルセット
タイプ美白、漂白
価  格1,890円(税込)
送  料無料
主な美容成分ハイドロキノン
  • 2014年モンドセレクション金賞受賞(対象:薬用アクティブフォーミュラ)

新安定型ハイドロキノン2.5%配合でシミ退治!カプセル中のハイドロキノンが時間差でシミを攻撃。美容皮膚科医の高瀬先生の基礎化粧品。薬用美白美容液のみ医薬部外品のドクターズコスメ。

>> ラグジュアリーホワイトの公式サイトを見る
>> もっと詳しく

ビーグレン『QuSomeホワイトクリーム1.9』

>> ラグジュアリーホワイトの公式サイトを見る

種  類クリーム
タイプ美白、漂白
価  格6,480円(税込)
送  料無料
容  量15g
主な美容成分ハイドロキノン

>> QuSomeホワイトクリーム1.9の公式サイトを見る

プラスキレイ『プラス ナノHQクリーム』

>>ハイドロキノン 4%配合 プラスナノHQクリーム * [ ハイドロキノン ]【メール便・送料無料】

種  類クリーム<
タイプ美白、漂白
価  格3,240円(税込) ※お試し5日間
送  料ショップによって異なります
容  量5g
主な美容成分ハイドロキノン

ハイドロキノン4%商品。普通は、ここまで強い濃度は必要ないですが、1%、2%ではダメだったという経験者用の美白クリーム!あまりにも高濃度で漂泊力が強いためか、一か所の使用は3カ月限定指令が出ています。とはいえ、楽天ショップのクリーム部門で常に上位に入るほどの人気の美白クリーム!

>>ハイドロキノン 4%配合 プラスナノHQクリーム * [ ハイドロキノン ]【メール便・送料無料】


美白化粧品

コスメでのシミ対策となると美白化粧品があります。『美白』と名の付くコスメは厚労省で認可されているシミに効果があると認められた成分が入っています。このため医薬部外品という扱いで、シミ対策専用のコスメです。新しいシミを作らせないためにも美白化粧品を使いましょう。

商品については詳しい情報は美白化粧品のページを参照してください。


※人気コスメの選考基準について
※現時点の価格など、より正確な情報は公式サイトでお確かめください。

ワンポイント

ハイドロキノンとは・・・

ハイドロキノンの美白効果は、コウジ酸やアルブチンの10~100倍とも 言われています。肌に紫外線や摩擦によるダメージが加わると、メラニンを作っている色素細胞メラノサイトでは肌を保護しようとメラニンを生成します。できてしまったメラニンは肌のターンオーバーで外に自然に排出されます。しかし、メラニンが何らかの理由で肌に沈着するとシミとなって現れます。このメラニンの生成過程で働くのがチロシナーゼという酵素です。この働きを抑制し、メラニンの生成を抑えることができるとのことです。

ハイドロキノンには還元作用があり、できてしまったメラニン色素そのものの色を薄くする働きがあります。さらにメラニンを生成する細胞メラノサイトの働きを低下させ、メラニンをつくる機能を抑える働きもあります。そのため、短期間で高い美白効果を期待できます。ハイドロキノンはとても不安定で酸化しやすい性質があり、劣化したものを使用すると、肌のトラブルを起こしやすいので扱いには注意が必要です。

しかし、これを安定させるために、BCDACという成分を合成して安定化させた安定型ハイドロキノンがつくられました。従来のハイドロキノンより酸化しにくくなり、安全性も向上した成分になりました。このハイドロキノンは、新型ハイドロキノン、安定型ハイドロキノンなどと呼ばれています。このように優れた美白成分として、注目されてきた成分ですが、使用上の注意点 を守り、より安全に使用することが大切です。

副作用をしっかり覚える

ハイドロキノンには長期使用すると、皮膚の色が白く抜ける白斑という症状が出てしまうこともあります。しかし化粧品に含まれるハイドロキノンの濃度はほとんどが2%くらいです。この濃度はより安全に使用できる濃度と言われており、使用方法をしっかり守ると副作用などのリスクはかなり低いようです。

クリニックで処方されるハイドロキノンの濃度は4%から5%以上のものから10%までのものです。5%未満であれば白斑になるリスクは低いとされています。シミの濃さや肌の状態によって、処方される濃度も個人によって異なります。

しかし、ハイドロキノンは長期間使用すると、白斑になってしまうリスクがあるので基本的に2~3ヶ月使用して、数週間から1ヶ月は使用をおやすみするというサイクルのようです。これは濃度や使用方法によって変わってきます。必ず医師のアドバイスに従って使用しましょう。

また、白斑以外にもハイドロキノンの酸化などによって、シミが濃くなってしまうということもあります。保存期間の目安は冷蔵庫の保管で1ヶ月程度ともいわれています。ハイドロキノンを長期に使用する事で、皮膚のメラニン生成ができなくなってしまうリスクがあります。低濃度であればリスクはかなり低いのですが、化粧品を使用する場合でも、使用方法をしっかり守りましょう。

また、クリニックで高濃度のハイドロキノンを処方してもらう際は、特に使用方法や保存方法を守り安全に使用できるようにしましょう。

クリニックで入手する方法もあり

ハイドロキノンは個人差がありますが、人によって副作用も出る場合があります。皮膚科で診察を受けて入手する方法があります。診断の上なので、個人で購入して使うよりも安心できると思います。処方されるハイドロキノンは、保険適応外なのでチェックしておきましょう。また診察料もかかりますので、考慮に入れておきましょう。

皮膚科で処方されるハイドロキノンは濃度が2%のものからあるようです。またその量も3gや10gなどクリニックによって違いがあるようです。価格もクリニックによって大きな差があります。500円というところもあれば1万円に近いくらいのお値段もあります。量にもよりますが、平均的には2000円から3000円前後のようです。

皮膚科で処方されるハイドロキノンは濃度が高めで、5%や10%の濃度で処方されてる ようです。これらのハイドロキノンの効果はだいたい1ヶ月くらいで実感できる人もいる ようですが、数ヶ月の継続した使用が目安です。

皮膚科で処方されることのメリットは、肌の状態を診断してもらい自分にあったものが処方されることです。また肌にトラブルが起きても対処してもらえるので、効果の強い成分なだけに安心です。まずは最寄りの皮膚科に問い合わせてみましょう。

脇の黒ずみ解消

脇やVラインの色素沈着にもハイドロキノンが有効です。ハイドロキノンは還元作用がある美白剤で、メラニンの色素を薄くする働き、メラノサイトの機能を抑制する働きもあります。

そのため割と短期間で、効果を実感できるようです。しかし、脇やVラインは服や下着などとの摩擦で刺激を受けやすい部分です。ですから黒ずみが逆に濃くなってしまうということもあります。そのため使用する時は、できるだけ皮膚には刺激を与えないようにしましょう。

ニキビ跡を消す

にきび跡に有効なのはハイドロキノンです。ハイドロキノンはビタミンCやアルブチンの10~100倍の効果があると言われています。ハイドロキノンはメラニン生成の酵素の働きを抑制し、メラノサイトの機能を低下させ、メラニンを還元し色素そのものの色を薄くする効果があります。

特に、にきび跡のケアとしてハイドロキノンは、トレチノインと併用して使用することがあります。主にクリニックなどで処方されるものです。トレチノインは古い角質をはがすピーリング効果もあります。そのため肌のターンオーバーを促進して、メラニンが角質とともにはがれ落ちるのを促します。

ハイドロキノンは化粧品の成分として多くの製品に使用されるようになりました。にきび跡の色素沈着に対して、ハイドロキノンはとても効果的な成分です。市販の化粧品から、クリニックで処方されるものまで色素沈着のケアとして有効です。しかし、使い方を間違えると、逆にシミが濃くなったり、新たな色素沈着ができてしまう場合もあります。必ず使用方法を守り、心配な方はクリニックに相談してみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る