肌にいい日焼け止めおすすめベスト3

日焼け止めで紫外線の影響から皮膚を守る方式は2つあります。お肌にいいといわれているのが紫外線散乱剤の日焼け止めです。ノンケミカルと記載されている場合もあり、こちらのタイプがおすすめです。もう1つは紫外線吸収剤です。近年はこちらの方式でもスキンケアに良いサンスクリーン剤がでてきています。これらを考慮して選んだおすすめベスト3がコレ!

Larネオナチュラル『UVホワイトプロ』

>> UVホワイトプロの公式サイトを見る

種  類日焼け止め
タイプノンケミカル、敏感肌
価  格2,980円(税込)
送  料無料
容  量30ml
SPECSPF20、PA++

界面活性剤を全く使わないUVクリーム!もちろん紫外線吸収剤未使用のノンケミカル。敏感肌でもOKの肌に優しい日焼け止め。

>> UVホワイトプロの公式サイトを見る
>> もっと詳しく

アンナトゥモール『ナチュラルUVベースクリーム』

>> ナチュラルUVベースクリームの公式サイトを見る

種  類日焼け止め
タイプノンケミカル
価  格2,800円(税抜き)
送  料無料
容  量40g
SPECSPF27、PA++

無添加化粧品で人気のアンナトゥモールのUV製品。美白クリームとUVケアが一体となった人気商品。もちろん紫外線吸収剤不使用でノンアルコール!

>> ナチュラルUVベースクリームの公式サイトを見る
>> もっと詳しく

24h cosme『プレミアム UVベースエッセンス』

>> プレミアムUVベースエッセンスの公式サイトを見る

種  類日焼け止め
タイプノンケミカル
価  格4,536円(税込)
送  料5,000以上無料
容  量30ml
SPECSPF15、PA++

アルガンオイル配合で保湿+UVケア!もちろん紫外線吸収剤未使用のノンケミカル。赤ちゃんにも使えるほど肌に優しい。

>> プレミアムUVベースエッセンスの公式サイトを見る
>> もっと詳しく


※人気コスメの選考基準について
※現時点の価格など、より正確な情報は公式サイトでお確かめください。

ワンポイント

紫外線は2種類ある

地上に降り注ぐ紫外線の種類は2つ。UVAとUVBです。この2つを防御することがスキンケアの基本です。

ざっくり説明するとUVAは真皮まで影響を与え、UVBは表皮を火傷させます。しかも、両者ともコラーゲンに損傷を与えます。

シミと深いシワ

紫外線によるコラーゲンの変性は皮膚に重大な損傷を与えます。コラーゲンは肌の土台です。土台が崩れると深いシワやたるみとなります!

また、紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生します。これを抑えようとしてシミが発生します。

このシミが真皮に落ちてしまうと美容整形でレーザー治療を受ける以外には消えません。そうなる前にUVケアを!

ノンケミカルを選ぶ!

紫外線の防御方法には2つあります。『紫外線吸収剤』と『紫外線散乱剤』です。後者をノンケミカルとも言います。

ノンケミカルはお肌にいいといわれているので迷ったらノンケミカルをおすすめします。

日焼け止めのスペックは・・・

シーズンオフや日常使いのUVケアなら日焼け止めの性能が高いものを使う必要はありません。むしろ性能が弱い方が肌への負担は軽い傾向があります。

太陽光線を遮断する効果としてはSPF30も50も、それほど変わりません。違いは持続時間です。

スポンサーリンク