クレンジングオイルは肌に悪いのか

メイク落としにクレンジングが必要ですが
クレンジングの成分には界面活性剤が必要

クレンジングは、油性のメイクアップ化粧品を落とす役割があります。
このため、油性のものを落とす働きがある成分を配合しなければなりません。

そこで、配合されているのが『油分』と『界面活性剤』です。
水だけではファンデーションや口紅は落ちません。

肌についた油性のものを浮かせるのが『油分(オイル)』です。
それを水で落とすときの橋渡しをするのが『界面活性剤』です。

これは、クレンジングだけでなく、洗濯洗剤や食器用洗剤、
または、シャンプーなどにも含まれています。

植物由来か石油由来か!?

界面活性剤には、大きく植物性と石油性の2つがあります。
一概には決めつけられないですが植物性の方が安全といわれています。

石油由来のものは、化学的に作られ、肌に負担が大きいといわれています。
石油系界面活性剤はコストを抑え、大量に生産でき、安定性が優れているため、
一般的な洗剤やシャンプー、クレンジングに使われています。

石油系界面活性剤は、とても浸透力が高く、
体内のいろいろなところでタンパク質を破壊します。

シャンプーだと頭皮が傷つけられ、髪の毛が細くなったり、
手湿疹の原因も食器用洗剤による石油系界面活性剤に
触れすぎていることが一つにあります。

クレンジングのように一時的に使用するものと
ずっと肌に塗りっぱなしの商品とでは肌への影響は当然異なります。
塗りっぱなし商品の方が慎重に選ぶ必要があります。

クレンジングのタイプと肌への影響!

水分・油分・界面活性剤のバランスを変えると、
オイルタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプ
とタイプが変わってきます。肌への負担も異なります。

一番お肌への負担が大きいのはリキッドタイプとオイルタイプ。
洗浄力が高く手軽で人気ですが、界面活性剤が非常に多くなっています。
特に濃いメイクの日以外は避けた方が良いでしょう。

ミルクタイプだと水分が多すぎてメイクが落ちにくい商品が多いです。
肌への負担と洗浄力を考えるとクリームタイプがおすすめ!

普段はクリームタイプを使用し、クレンジング時も
あまり強くこすったりしないようにしましょう。

ジェルタイプは、透明のものは界面活性剤が多いので、
乳白色のもの選ぶようにしましょう。

地球のことも考える!

その他、同じ界面活性剤でも、アミノ酸などの
天然成分から作られているものもあります。

こちらは、少し高くなりますが、何年も使うことを考えると
こちらの方が肌への負担は明らかに少なくて済みます。

また、石油系界面活性剤は分解されにくく、環境にもよくありません。
少し値は高くても、天然成分からできた界面活性剤を使用したものを
選ぶことが、将来の自分の肌にも、地球にも優しい結果になります。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る