食品添加物と化粧品原料と洗剤

普段一番たたかれやすいのが化粧品ですが、
安全性が高いのではと思い調べてみました!

化粧品は安全中の安全か!

やたらと成分を非難されるのが化粧品原料ですが、
生活の中で他の製品と配合成分を比較してみると
一番安全な気がします。

①洗剤(衣料用・食器用)
②食品添加物
③化粧品

商品ごとに全く異なるので単純比較はできませんが、
上記の順番で強烈な成分を使ってることが多いです。

洗剤は強烈な界面活性剤が多い!

洗剤はガンコな脂汚れを落とさなければならないので
かなり界面活性剤を多用しています。

外国製のコスメじゃなければ使わないようなものを
使用しているケースが多いです。

●ラウリル硫酸Na(AS洗剤)
●ラウリルベンゼンスルホン酸Na(LAS)

例えば、上記のような成分は洗剤には普通に入ってます。
国産の化粧品原料では、まず見かけることはありません。

食品添加物は保存料に注目

食品添加物は腐らないようにするための成分が多いです。
例えば、ローソンのサイトでは
食品衛生法に定められている保存料が紹介されています。

ローソン『安全・安心・健康 – 保存料の種類』
http://www.lawson.co.jp/company/corporate/safety/preservation.html

これを見ると、例えば。
『パラオキシ安息香酸○○○』と書かれたものが
コスメでいう○○○パラベンです。

本来なら少量で殺菌できる優秀な成分です。
旧表示指定成分ということだけで敬遠されることがあります。

化粧品会社によっては安全性があるっぽく見せるため
『ノンパラベン』ということを強調することがありますが、
ブチルパラベン以外は心配することなさそうです。

こちらの記事にも詳しく記載してあるので参考にしてください。
パラベンは肌に影響するのか?いろいろある化粧品の防腐剤の種類

ちなみに安息香酸ナトリウムも食品添加物ですが…

食品添加物の中には安息香酸ナトリウムも入ってます。
これに関連して、話題になった『アンナカ』について調べました。

アンナカの正式名称は『安息香酸ナトリウムカフェイン』で、
安息香酸ナトリウムとカフェインの化合物です。
医薬品なので病院じゃないと入手できない代物です。

これが『安息香酸ナトリウム』と紛らわしくて
勘違いしてる人もいるかもしれないので記載しておきます。

アンナカの方は脳を興奮させて眠気・倦怠感・偏頭痛などを
緩和するための医薬品です。

一方、カフェインじゃない通常の『安息香酸ナトリウム』は
防腐作用のために使われています。アンナカとは別物です。

非常に分かりにくい世界ですね

成分に関しては少しでも化合物が異なると別物に変化するので
非常にわかりにくいですね。

誰も健康に被害がない安全性あるものでも、
ネットではいろいろ噂されます。

誤解も多いので、こちらのサイトでも情報が入り次第
いろいろ取り上げていきます。

ということで、何だかんだと一番たたかれやすい化粧品ですが、
そもそも食品と違って体内に入れるものじゃありません。
最も安全な部類に入ると思われます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  4. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  5. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る