化粧水に意味があるのか知りたい

油分補給がクリームなら水分補給は化粧水
それぞれ役割がある!化粧水にも意味あり

化粧水はその名の通り、ほとんどが水です。
水だから肌への水分補給という役割を果たせます。

ところが、水分補給と保湿は全然異なります。
保湿力のある化粧水を探し求めている人は多いと思います。

もし、本当に保湿力を求めるのであれば化粧水ではなく、
美容液もしくはクリームを使う方が効果的です。

化粧水には保湿成分が入れにくい!

というのも。化粧水は水が主体なので保湿成分が配合しにくい
という特徴があるんです。

例えば、ヒアルロン酸やコラーゲンなどは粘性があるため、
化粧水に大量に入れることができません。
ヒアルロン酸のコスメは肌がベタベタします。

化粧水とビタミンCは相性バッチリ!

では、どんな成分が化粧水と合っているかというと
ビタミンC誘導体です。水との相性が良いことで知られています。
(ビタミンCを安定させたのがビタミン誘導体)

水溶性ビタミンC誘導体は『イオン導入美顔器』にも使えます。
吸収率が10倍にもなるといわれていて、角質の奥に浸透させます。
そのままの使用の場合は角質上部のスキンケアの役割があります。

化粧水には意味がある?

化粧水をつけても肌がカサカサに乾燥してしまうので
意味がない!役に立たない!という人もいると思います。

それは肌の保湿成分が足りないからです。
化粧水には保湿の役割はありません。
肌を潤すのと、潤いを保つのとは役割が異なります。

保湿成分不足に対してはセラミド美容液がおすすめです。
まずは肌の保湿機能を取り戻すことが重要です。
セラミドは脂質(油分)なので化粧水への大量配合は難あり!

ということで、化粧水には意味があるのか?については、
水分補給と美肌成分補給という役割を考えると意味あり!です。

水溶性美肌成分とは!?

コスメの成分の中には水溶性の成分があります。
例えば化粧水に合っているのは以下のような成分です。

●ビタミンC誘導体
●アミノ酸
●ヒアルロン酸
●コラーゲン
●ビタミンB3(ナイアシン)
●グレープシードエキス
●オウゴンエキス

このような成分は油容性の美容液やクリームよりも
化粧水の役割ということになります。

ただし、ビタミンC誘導体など脂溶性が存在する成分もあります。
いくつか種類があって必ずしも水溶性ではありません。

また、ヒアルロン酸はベタベタするので美容液の方が合ってます。
水溶性セラミドというのも聞いたことがあります。
成分に関しては一筋縄ではいきませんね・・・。

ということで、化粧水は意味があるのか?役割があるのか?
という問いかけに対して、意味あります!といえそうです。
ただし!美容液に比べると省略することもできると付け加えておきます。

次に当サイトで紹介してる人気化粧水がコレ

化粧水の人気ベスト3 | 美白と角質ケアならビタミンC誘導体

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る