無添加化粧品とはどんな意味なのか

無添加化粧品 NOT = オーガニック化粧品
自然派化粧品 NOT = 無添加化粧品

自然派志向の流れが来てるので、化粧品の分野でも
安全なもの、天然のものを使ったコスメが人気です。

ところが、その意味についてよく知られていません。
なんとなくイメージで良さそうな感じはあります。

無添加化粧品とはどんな意味?

よく見かけるのが無添加を強調した化粧品の広告ページです。
この無添加というのは特に決まった定義があるわけじゃありません。
自然派化粧品も無添加化粧品も各メーカーが独自で表現してるだけ!

それでも、一般的には次のような定義で使われることが多いです。
『旧表示指定成分が未使用』=『無添加化粧品』

かつて、化粧品は102種類の表示指定成分がありました。
この成分を使用している場合は表示する義務がありました。

現在は全成分に表示義務があるので廃止されました。
このため『旧』表示指定成分と呼ばれています。

旧表示指定成分とは『アレルギーを引き起こす可能性の高い成分』です。
これはユーザーのためにあらかじめ表示しておく必要がありました。

これらの成分を使用していない化粧品を無添加化粧品と呼ぶことが多いです。
もしかすると、化学成分を一切含んでいない化粧品を
無添加化粧品と思っている人もいるかもしれませんが違います。

オーガニック化粧品とはどんな意味?

それではオーガニックはというと、本来の意味は『有機』です。
有機農法で作った食品のことを指しています。

ここから、オーガニック化粧品は、農薬や化学成分を使用せずに
製造した化粧品のことを指しています。

オーガニック化粧品は認定機関というのがあって、その認定を
受けていても受けていなくてもオーガニックと呼んでいます。
『無添加』同様に、特に規定があるわけではないということです。

表向きは有機栽培の植物エキスを使っていても、その抽出段階で
化学成分を使用していることもあります。

もしかすると、無添加化粧品をオーガニック化粧品と
思っている人がいるかもしれませんが全く違います。

自然派化粧品とはどんな意味?

この『自然派化粧品』という表記も良く見かけますがどんな意味でしょう?
こちらも決まった定義がありません。メーカーが勝手に使った表現です。

一般的には自然素材、天然素材を使用した化粧品のことを指しています。
あえて無添加と表現しないのは、必要に応じて化学成分をしているから
だと思われます。

実は、化学成分の方がはるかに安全で効率が良いこともあります。
このため、こだわり過ぎず適材適所に製造しているのが自然派化粧品!
ある意味、最もおすすめなのが自然派化粧品だと思います。

関連して参考になる記事

オーガニックコスメのおすすめベスト3
無添加化粧品なのに界面活性剤が入ってる

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る