無添加化粧品なのに界面活性剤が入ってる

無添加だって信じてたのに界面活性剤が!
意外と知らない本当の無添加の意味とは?

無添加化粧品というジャンルに規定はありません。
『何かが添加されていない』というだけのことです。

何が入っていないのかは販売ページに記載されています。
『無香料・無着色・無鉱物油』といったといった具合に
明記されており、この場合、無添加化粧品になります。

無添加化粧品に何を求めていますか?

『界面活性剤』と『無添加』には何の関係もないので、
無添加化粧品に界面活性剤が入っていても不思議ではありません。

添加物を少なくしてシンプルなコスメにすればするほど
使い心地や管理方法などで使用者への不便な思いも増えます。

本当は、できる限り肌に良くて、余計な成分を除いて、
それでいて効果の高い化粧品であることが理想ですが、
現実的には、なかなか思うような商品に出会えません。

無添加化粧品に界面活性剤が入ってる?

よく勘違いしているのは無添加をオーガニックだと思っていることです。
本当のオーガニックコスメには化学成分は入っていません。
無添加化粧品は別です。必要に応じて化学成分が入っています。

天然成分と天然成分を化学的に合成すれば化学成分です。
石鹸も脂肪酸とナトリウム(カリウム)を合わせた化合物です。

『ファンケルは無添加なのに界面活性剤が入ってるの?』
・・・水と油を混ぜるために界面活性剤は必須です。

『無添加だと思ってたのに化学成分が入ってたなんて!』
・・・天然由来でも化合すれば化学成分になります。

『この美容液、つけ心地が良くない!』
・・・合成ポリマーなどでの調整を減らしているものと思われます。

『変な臭いがする』
・・・香料を使っていない場合は原料そのものの臭いです。

『えっ!冷蔵庫で保管しなくちゃいけないの?』
・・・防腐剤を制限している場合、腐りやすいため要冷蔵になります。

大手化粧品メーカーの商品がスバラシイ理由

口コミをみても分かる通り大手化粧品メーカーは人気があります。
これらに化粧品はしっかり仕上げて製造されています。

●ペチャペチャし過ぎていれば増粘剤を追加します。
●テクスチャーが良くなるように合成ポリマーで調整します。
●追加した成分に臭いがあれば香料を配合して臭いを消します。
●追加した成分が腐りやすければ防腐剤の種類を増やします。

1つ成分を使えば、帳尻を合わせるために別の成分を追加します。
そうやって、完璧に仕上げて販売します。

口コミ情報だけでは、肌に良い化粧品かどうかは分かりません!
また、美容専門の人、メイクアップアーチストたちの評価も
仕上がりの良さで判断していることが多いです。

関連して参考になる記事

オーガニックコスメのおすすめベスト3
無添加化粧品とはどんな意味なのか

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る