ニキビの原因になるアクネ菌とは

ニキビに関与するアクネ菌は敵か味方か
皮膚を清潔にしておくことが美肌の秘訣

アクネ菌はお肌に重要な役割がある!

アクネ菌は皮脂をエサとしてます。
皮脂を分解して最終的に遊離脂肪酸とグリセリンを作ります。
遊離脂肪酸は保湿成分のセラミドと同じく細胞間脂質の1つです。

ということで、アクネ菌はお肌にとって重要で、
保湿や皮脂コントロールの役割もあります。

お肌がアルカリに傾くとアクネ菌などが暮らせなくなり
肌トラブルの原因に繋がります。

ニキビの原因はアクネ菌?

アクネ菌は皮脂を食べるということは皮脂が多いと
エサが大量にあるため異常繁殖してしまいます。

皮脂が毛穴の中で大量に分泌されると
アクネ菌が大量発生して肌の負担となって
炎症を起こした状態が赤ニキビです。

ストレスが多い人、脂性の人は皮脂分泌が多くなります。
このため、ニキビ肌になりやすいということ。
ストレスでニキビができるのは、このような仕組みがあります。

アクネ菌や皮脂とニキビのメカニズム

アクネ菌が増えすぎると免疫反応を起こして
白血球が攻撃を受けて炎症を起こすという説。

アクネ菌が出す遊離脂肪酸が多すぎると
炎症を起こすという説。

過剰な皮脂が活性酸素により過酸化脂質に変化して
炎症を引き起こすという説。

上記3つは単独ではなく複合的に原因となっているようです。
アクネ菌は肌にとって必要な菌ですが、
結果的に大量発生がニキビを引き起こしています。

ニキビの原因は多岐にわたる…

脂っこい食べ物が多いと皮脂過剰を招くきっかけに!
ストレスだけでも肌荒れの原因となります。
ニキビはお医者さんでも原因を特定できないほど複雑。

皮脂の詰まりを防ぐため角栓を無理やり摂るのも
健康な肌なら問題なくても弱い肌には刺激になります。
これだけでも肌トラブルになります。

ちなみに、アクネ菌が出すポルフィリンという物質は
紫外線を浴びると活性酸素を発生させます。
活性酸素は肌を老化させ、シミの原因にもなります。

ということで、以下のようなことを注意しましょう。
●ストレスを避ける
●刺激を避ける
●紫外線を避ける
●肌を清潔にする

※ニキビに関する記事はこちらも参考にしてみてください。
肌に棲みつく常在菌の種類 | ニキビの原因にもなる
ニキビがどうしても治らない | 間違ったスキンケアで大丈夫?
吹き出物が治らないんです!大人ニキビの対策は思春期の頃とは違います
大人になってもニキビが治らない | 肌荒れの原因は寝不足だけじゃない

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る