肌に棲みつく常在菌の種類

人間と常在菌は共存共栄の関係だった
常在菌のおかげで皮膚は健康を保てる

常在菌とは何でしょう?

元々ヒトの体に住んでる菌が常在菌です。
病原菌を排除するなどヒトと共存共栄しています。

アクネ菌、ビフィズス菌、大腸菌なども常在菌です。
例えば、腸内では消化できなかった食べ物を食べてくれます。

腸内だけでも100種類100兆個といわれるほど多数が存在。
バランスが重要で、ある種類だけ繁殖したり
ある種類だけ居なくなってしっまりするとダメ!

お肌の常在菌の種類とは

お肌の常在菌だけでも10種類ほどで約1兆個といわれています。
その中でもお肌の常在菌の種類として有名どころは以下の通り。
(正確には下記の中にもいくつかの種類にわかれます)

●アクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス菌)
●マラセチア菌
●スタフィロコッカス・エピデルミディス菌
●表皮ブドウ球菌(善玉菌)
●黄色ブドウ球菌(悪玉菌)
●MRSA

お肌の常在菌の役割とは

お肌の常在菌も存在しているだけでは問題ありません。
傷に触れて化膿したり、種類のバランスが崩れて異常繁殖したり
するとニキビの原因になるなど肌トラブルになります。

肌の常在菌の役割は以下のようなものです。
●病原菌の繁殖を防ぐ働き
●肌表面を弱酸性に保つ働き
●天然の保湿クリームを作りだす

酸性かアルカリ性かを判断する数値に『ph』があります。
phが4.5~6.0くらいを弱酸性といっています。

皮膚がアルカリに傾くと暮らせなくなる常在菌がいます。
反対に病原菌の多くはアルカリの状態を好みます。
悪玉常在菌の黄色ブドウ球菌もアルカリに傾くと増えます。

常在菌のバランスが崩れると肌トラブルを起こします!
お肌が健全な状態であり続けるためには、
清潔にすること、過剰に洗いすぎないことが大切です。

アクネ菌のニキビへの影響

アクネ菌は皮脂をエサにしています。
皮脂が過剰にでていると繁殖しやすくなります。
これによってニキビの原因にもなります。

※ニキビに関する記事はこちらも参考にしてみてください。
ニキビの原因になるアクネ菌とは | どんな役割をしてるのか?

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る