保湿しても肌がカサカサになる原因とは

化粧水をパチャパシャつけても乾燥しちゃう
お肌がカサカサになってしまう原因と対策

femalehormone.gif

いくら保湿しても乾燥する、午後になると絶対にかさつく、
などなど、お肌の乾燥は多くの女性の悩みになっています。

若いころは少々の乾燥は気にならないかもしれませんが、
実は、乾燥は老化の根源と言っていいほど注意すべきことなのです。

年齢を重ねるほど、乾燥には敏感になって丁寧に保湿するのに
それでも乾燥が進んでしまうのはなぜでしょうか?

お肌がカサカサになってしまう原因!

肌がカサカサになる原因は、お肌の水分を保つ力が衰えているから!
加齢によってお肌に水分を貯めておく成分がどんどん減少します。
喫煙や紫外線などのストレスで角層が乱れることも水分蒸発の一因。

お肌が水分を保てる大きな要因はセラミドです。
セラミドが角質層に十分にあればお肌は乾燥しません。
ところがセラミドは年齢ととも減少してしまいます。

この状態になると、外からたっぷり保湿をしても乾燥は解決しません。
肌の中でしっかり水分を逃がさない状態に戻すことが重要になります。

お肌の乾燥対策は何から?

お肌の中の水分を抱えて離さないセラミドやヒアルロン酸、
この成分を含んだ化粧水・美容液を使用するようにしましょう。

セラミドにも種類があるのですが、保水力が高いのは
セラミド1・2・3と言われてます。参考までに!

そして、保湿ケアでありがちなのが、化粧水を大量につけること。
化粧水は角層より奥には浸透しないため、あまり意味がありません。

それよりも、化粧水のあとの美容液やクリームが重要!
こちらの方が有効成分が多く含まれているので大切です。

こちらも保水力のあるものにし、口元・目元など細かいところまで
丁寧にぬるようにした方がよいでしょう。

古い角質を取り除くことも重要

そして乾燥がつづくとターンオーバーが乱れます。
古くなった角質が肌表面にたまりやすくなります。

慢性的に肌がガサガサする人は古い角質が溜まっている可能性が!
ピーリングコスメや酵素洗顔などで余分な角質を落としましょう。
化粧品の浸透も良くなり、肌環境が整いやすくなります。

※人気化粧品を紹介する姉妹サイトもご覧ください
顔がカサカサで粉を吹く乾燥肌の化粧品 | 肌の水分量をアップする

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る