乾燥肌の『かゆみ』の原因とは

カサカサに乾燥すると痒みが襲ってくる!
なぜ普通の人よりも乾燥肌の方が痒いの?

乾燥肌や敏感肌の場合、すごく『かゆみ』を感じることが増えます。
水分が蒸発してカサカサな状態になると、特に痒くなります。

私の場合、思わず血が滲むまで掻いてしまうことも…。
この『痒み』はどのような仕組みになっているのでしょうか?

少し調べてみました…が、非常に難解な言葉のオンパレードです。
なので、できる限り簡単に単純に紹介します。
※専門家の方からすると『違うよ』と突っ込まれるかも…。

痒みは知覚神経で判断している

脳(大脳皮質)に情報を伝達する『知覚神経』という神経があります。
触角、味覚、嗅覚など様々な情報を拾う神経です。

知覚神経にはA、B、C繊維という3種類に分類されています。
A繊維はさらにAα、Aβなどに区分けされています。
その中で知覚神経C繊維で痒み(かゆみ)を認識しています。

知覚神経のが皮膚に存在している

知覚神経C繊維の先端に自由神経終末と呼ばれる部分があります。
ここに痒みを感じる受容器があるといわれています。

この知覚神経C繊維は表皮と真皮の境目付近にまで伸びています。
皮膚がかゆくなるのは、この神経が刺激を受けているからです。

乾燥肌や敏感肌の場合!

知覚神経C繊維は肌の乾燥や肌荒れがひどくなると、
肌の表面付近にまで伸びてくるという特徴があります。

従ってカサカサに乾燥してしまうようなタイプほど
知覚神経C繊維が皮膚の上層部にまで発達しています。

これが『肌がカサカサだと痒い』という正体です。
普通は肌表面には神経も血管もありません。
ところが痒み神経だけが伸びてくるので痒くなります。

掻いてしまうと、肌がさらにボロボロになっていまいます。
痒みを抑える医薬品が販売されていますので利用しましょう。
第2類医薬品なのでネット通販でも購入できます。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る