白砂糖は肌に悪いのか

白砂糖は肌を老化させるという噂が!
糖分を摂ることはいけないことなのか

白砂糖とはどんな物質?

白砂糖はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が
結合したショ糖(スクロース)が主成分です。

ブドウ糖も果糖も単体では悪くないのですが
2つが合わさると体によくない糖に変化します。

白砂糖は血糖値が上がりやすく下がりやすい特徴があります。
下がると再び甘いものが食べたくなるという負のスパイラルに!

精製により良さが失われた

白砂糖は最初から存在するわけではなく精製して作られます。
お米もそうですが精製すると元のものよりも栄養をなくします。
白砂糖は精製する段階でミネラルがなくなります。

黒砂糖や蜂蜜などはミネラルがあります。
ところが白砂糖にミネラルは全くありません。

おまけに体内のミネラルやカルシウムを使います。
代謝するのに時間がかかり老廃物として蓄積しやすくなります。

他の糖分はどうなのか?

白砂糖以外にも糖分はいろいろあります。
黒砂糖、蜂蜜、メープルシロップ、てんさい糖など!

これらはミネラルが入っている分、
白砂糖よりは体へ悪影響を及ぼさないといわれています。

リポフスチンは肌老化の一因

白砂糖は悪玉菌のエサとなって増殖させます。
悪玉菌の増殖を防ぐために白血球が活性酸素を発生させます。

活性酸素により細胞膜の不飽和脂肪酸が過酸化脂質に変化します。
この過酸化脂質とタンパク質が結合してリポフスチンを発生!

リポフスチンは老化色素とも呼ばれています。
茶褐色をしており肌のシミの原因になります。

悪者とまではいえない?

ということで世間で散々言われている白砂糖ですが
『食べちゃダメ』というレベルの悪者ではないと思われます。
ただし、摂り過ぎるといろいろ健康上問題がでます。

危険と書かれているサイトもありますが、
化学調味料は健康に悪いなどという見解は
別のサイトにまかせます。

砂糖(糖分)そのものは決して悪者ではありません。
例えば、脳のエネルギー源となるのはブドウ糖だけです。
頭を使うと甘いものが食べたくなるのはそのせい!

白砂糖の肌への影響を総括すると!

白砂糖を大量に摂り入れると体に悪影響を及ぼします。
お肌に関しては具体的に以下のような現象が起きます。

●シミ
●シワ
●くすみ
●肌荒れニキビ

このように、美肌にとっては良くない結果に・・・。
エイジングケアのためには摂り過ぎに注意したいです。

どうしてそうなのか、次の記事で原因を詳しく紹介します。
次の記事⇒白砂糖が肌荒れ・ニキビを導くのか | シミやくすみの原因にも…

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る