夏の肌荒れ対策で一番大事なポイント

夏は紫外線から肌を守ることが最重要課題
シミを作らせない美白スキンケアを念頭に!

femalehormone.gif

夏のスキンケアの中心はなんといっても『紫外線カット』
しっかり紫外線対策してシミを作らせないことが重要です。

そして夏は紫外線や冷房の風などの影響から、
意外に『乾燥』が肌トラブルの素になります。
夏のスキンケアのポイントは『美白&保湿』です。

紫外線カットはすでに年間を通しての必須事項ですが、
それでも夏の紫外線量は1年で一番多く降り注ぎます。
冬よりも強力にガードすることが必要になってきます。

日常生活においての日焼け止めは『SPF20~30 PA+』
ぐらいの数値で充分です。しかし、汗などで落ちやすくなってます。
こまめに塗りなおすようにしてください。

顔以外にも紫外線対策を!

日傘や、帽子でほどんどの紫外線はカットできますが、
紫外線は地上からも跳ね返ってきます。アスファルトは要注意!

このときにうっかり焼けてしまうのがフェイスラインや首。
また、露出しがちな手の甲なども日焼けしやすい部位ですね。
ストールやUVカット手袋を活用してしっかりUVカットをしましょう。

肌はキレイでも首のシワや手の甲のシミが原因で、
年齢を感じさせてしまうのはもったいないですよね。

顔のギトギトは乾燥が原因なんてことも?

汗や皮脂が増えるので、乾燥していないような気になりますが、
25歳をすぎると肌の保水力は下がってきます。
このため、意外に乾燥している人が多いものです。

乾燥から守るために、皮脂を余分に出している場合もあります!
夏でも保湿対策は怠らないように気を付けましょう!

夏はさっぱりと化粧水だけで終えがちですが、
化粧水を塗っただけでは保湿にはなっていません。

美容液や乳液も使用しましょう。だだし、オイリー肌の方は
油分の多い乳液やクリームは控えましょう。

夏は化粧直しにご用心!

また、夏は化粧崩れが起きやすい季節。一度くずれた化粧は、
そのままファンデーションを重ね塗りするのではなく、
一度化粧水などでふきとり、ティッシュで水分を抑えた後、
ファンデや下地を塗りなおすようにしてください。

くずれたメイクには皮脂や汗が混じっているので、
その上からファンデを塗るのは肌への負担が激しいからです。

すこし手間はかかりますが、簡単にオフすることで、
肌への負担も仕上がりも大きく変わってきますよ。

日焼け止めの人気ベスト3 | オススメはノンケミカルタイプ

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る