界面活性剤は本当に肌に悪いの?

化粧品と切っても切れない関係
界面活性剤を使用していいの?

石鹸も界面活性剤です!

ビックリするかもしれませんが、
石鹸は界面活性剤の仲間です。
(注)違うという専門家もいます。

石鹸成分は以下の2つ(または2つを合わせたもの)です。
●石鹸素地・・・・・・固形石鹸
●カリ石鹸素地・・・・洗顔ジェルなどの形がない洗顔料

純石鹸と呼ばれるものは、ほぼ上記の成分だけでできています。
ということで純石鹸は天然界面活性剤(または単に界面活性剤)です。

その他の石鹸は美容成分、香料、防腐剤など何らかの成分を配合しています。
特に洗顔ジェル、液体系洗顔料の多くは合成界面活性剤が入っています。

界面活性剤という言葉に敏感で・・・

化粧品の成分を気にする人の中には、
界面活性剤という言葉に敏感が方も多いと思います。

そんな人でもクレンジングや洗顔石鹸を使用していると思います。
ということであれば既に界面活性剤のお世話になっているはずです。

大手の化粧品会社のサイトでは、
商品を調べても具体的な成分を載せていないメーカーが多いです。
知らず知らずのうちに界面活性剤を使っているかもしれません。

界面活性剤は本当に肌に悪いの?

ということで、界面活性剤は肌に悪いのかどうかですが、
お肌に負担がかかるのは事実です。

特にクレンジングの場合、界面活性剤の量が多いので、
1分以内に終えるのが望ましいと言われています。

使っても大丈夫?

『界面活性剤は危険だ!肌に悪い』『界面活性剤を使ってはいけない』
といったネガティブな情報が飛び交っています。
半分真実であり、半分嘘でもあります。

そもそも、使うと肌が溶けていくような危険な成分は、
厚生労働省から配合の認可がおりません!

危険の度合いというものがあります。
化粧品の場合、危険と言われる成分の影響は、
以下のような結果を招く可能性のある成分を言います。

●乾燥肌になる
●敏感肌になる
●肌荒れする(赤味、ニキビ、キメの粗さなども含む)
●シミが増える
etc・・・

最も肌に悪い界面活性剤とは

化粧品の中で最も毒性の強い成分は『合成界面活性剤』です。
ただし、全てではありません!
特に石油系合成界面活性剤が肌に悪い成分です。

石油系合成界面活性剤については次の記事で詳しく紹介します。

関連記事

石油系合成界面活性剤とは?肌のバリヤ機能を壊す悪質な成分はどれか
化粧品の界面活性剤の役割とは?水と油が混ざらないとメイクが落ちない

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る