コラーゲンを摂取して増やす方法はコレ

コラーゲンはそのまま摂取してもダメなら
アミノ酸+ビタミンCでコラーゲンを合成

コラーゲン合成の材料が摂れるサプリ

年々減っていく美肌成分を食い止めるため
コラーゲンを合成する成分が入ったサプリ
finebase『コラファクト87000』

>> 『コラファクト87000』の公式サイトを見る

サプリで材料を摂る

お肌を綺麗に保つために一生懸命コラーゲンを摂取している人も多いと思います。摂り入れたコラーゲンは果たして本当にお肌に役立っているのでしょうか!?現在でも良く分かっていないそうです。肉を食べてもそのまま体の筋肉にならないのと同じです。とはいえ、肉を食べるとそのタンパク質が体の栄養になって巡り巡って筋肉になります。

これと一緒で、コラーゲンもそのままお肌の真皮層にあるコラーゲンが増えるわけではありません。食事で摂りこまれたコラーゲンはアミノ酸まで分解されます。その後、ビタミンCの力を借りながらコラーゲンが生成されます。

それならコラーゲンの材料となるアミノ酸とビタミンCを摂ってしまえば体の中で効率よく合成されるのではないか!?という発想で開発されたのがfinebaseのコラファクト87000です。

コラーゲンはそのまま摂取しても無駄?

コラーゲンはアミノ酸に分解されると記載しましたが、アミノ酸にはいくつも種類があります。こちらのメーカーによるとコラーゲンはリジン・プロリン・ヒドロキシリジン・ヒドロキシプロリンに分解されるそうです。

後半2つのアミノ酸(ヒドロキシリジン・ヒドロキシプロリン)からコラーゲンは作り出されません。しかも、分解された多くがこの2つになってしまうそうです。しかも、生成にはビタミンCが必要になります。このあたりのこともコラーゲンを摂っても無駄説の1つになってるのかもしれません。

ということで、効率よくコラーゲンを生成させるためには『リジン』『プロリン』『ビタミンC』が必要になります。これら3つを配合したのが『コラファクト87000』です。

肌老化=コラーゲン減少

美肌のためにはコラーゲンは必須です。肌は一番上にある表皮と中間にある真皮、その下の皮下脂肪で成り立っています。真皮にあるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が表皮を支えていますが、コラーゲン無くなると肌が折れてしまい『シワ』になります。また、表皮の重さを支えきれずに『たるみ』が発生します。

年齢が進むごとにどんどんコラーゲンは減少していきます。肌老化現象と直結しているのがコラーゲン不足です。真皮の部分はターンオーバーしないため、いくら高級コスメで対処しても解消しません。

このようにコラーゲンはお肌にとって非常に重要な要素です。

ワンポイント紹介!

コラーゲン生成のための成分を取得

コラーゲンの材料となる『リジン』『プロリン』『ビタミンC』を配合しているために体内で効率よくコラーゲンの生成を補える!

ビタミンC高配合だからお得!

ビタミンCサプリを個別に摂っている人には朗報。1日分で1000mg配合です。DHCビタミンCも1日2粒で1000mgだから専門サプリと同量が摂れる!

エラスチンとグリシンも配合

真皮の中でコラーゲンを支えているのがエラスチン。こちらも一緒に配合。また、グリシンというストレス対策リラックス作用のアミノ酸も配合。

スペック

>> 『コラファクト87000』の公式サイトを見る

種  類サプリメント
タイプエイジングケア
価  格990円(税抜き) ※定期購入で初回のみの価格。通常価格6,000円(税抜き)
送  料無料 ※通常購入は送料あり
容  量1袋300粒(約30日分)
主な美容成分アミノ酸(リジン・プロリン)、ビタミンC

定期購入は2回目以降も通常購入よりお得な4,200円です。解約は3回以上購入が必要。

>> コラファクト87000の公式サイトを見る

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る