セルライトの消し方はある

セルライトを消すには

セルライトに消し方はあっても、潰し方はありません。押すとプチプチ潰れるという噂もありますが、包装用のプチプチじゃないのでできません。ゴツゴツボコボコしているので潰れそうなイメージがあるかもしれませんが内出血するだけです。そもそも自分の太ももを押したら次々に潰れていく・・・というのも変な話です。ということでニキビは潰せてもセルライトは潰せません!ただし、新陳代謝を良くする、リンパの流れを良くするという意味でマッサージは効果的です。セルライトの消し方で効果的なのは下記のように2つあります。

  • リンパマッサージ
  • 代謝を上げる

下半身のセルライトで悩んでいる人は多いと思います。足のリンパは下から上方向にマッサージするのが基本です。リンパ液を下から上に流します。重力と逆方向ということも滞りやすさに拍車をかけています。血液の場合は心臓のポンプで勝手に液が流れていきますが、リンパは心臓のポンプと関係ありません。しかも、もともと流れはが遅いので素早い動きでマッサージしてもダメです。

またウォーキングが効果的だそうです。歩く時のふくらはぎや太ももの筋肉が増えると血液循環がスムースになり、リンパの流れも良くする効果があるとのこと。ダイエット効果も兼ねてちょっと早歩きのウォーキングで筋肉を付けましょう。基礎代謝のアップにもつながります。代謝量が上がると脂肪燃焼が活発になります。

リンパの流れをスムーズにする

セルライト除去マッサージ方法として『リンパマッサージ』があります。このリンパマッサージによって、リンパの流れをスムーズにしてセルライト除去に繋がります。これは『リンパドレナージュマッサージ』ともいわれています。やり方はリンパ管にそって、足首→ふくらはぎ→膝(ひざ)の裏→太ももという順番で撫でるようにマッサージします。場所によっては優しすぎると効果が薄いですが、あまり強くマッサージをしてしまうと、逆にリンパ管を傷つけてしまう恐れがあります。

ということで文字で説明しても限界があるのでYouTubeで参考になりそうな動画を検索してみましょう。参考までに役立ちそうな動画をいくつか紹介しておきます。これを見て自分でチャレンジしてみてください。

セルライト除去エクササイズ

自宅でセルライト除去~簡単マッサージで美脚~

セルライトは自宅でマッサージして解消しよう

セルライトの予防法とは

セルライトを予防法にはどのようなものがあるでしょうか。ダイエット・体質改善などと同じく、一番は生活習慣を改善する事です。血行を良くし、正常な代謝を促す事こそセルライトの予防になります。特に下半身はセルライトの出来やすい所ですから、お尻・太もも・ふくらはぎといった脂肪のつきやすい所を、お風呂に入って血行をよくしてマッサージするだけでも効果があります。また、ストッキングなどで”むくみ”を予防する事もセルライト予防対策になりますし、冷え性を予防・対策する事もセルライト予防法になります。あとはセルライト対策グッズも利用してみる事もいいでしょう。

セルライト対策クリームとグッズ

主なエステでもセルライトケアのコースがあるので、お試しで行ってみるのも1つの方法です。ただ、予防ならわざわざエステに通うまでもなく自分でマッサージした方がお得です。マッサージするのにクリームを使うとスムーズな滑りになるのは当然として、いつも使っているクリームよりもセルライトや足痩せ専用のクリームを使った方が効果が早いかもしれません。ということでネットで人気のクリームまたはジェルを紹介します。

【ノコア】ボコボコ・肉割れを解消したい人

妊娠線・セルライト・出産後の肌のたるみ・黒ずみ・トラブル肌などのケアできる美容トリートメントクリームです。20代後半~40代の女性に人気。

【ルナパルテ】太もも・脚を細くしたい人

太もも用ホットマッサージジェルです。トウガラシエキス、ショウガ根エキス等の成分配合で発汗・血行促進を促しながら太ももをマッサージすることで美脚を目指すクリームです。

【セルプッチ】マッサージ用のグッズ

適度な硬さと身体にフィットするローラーが、ふくらはぎ・太もも・お尻など気になる筋肉にアプローチし、気持ちよくほぐしてくれます。手でマッサージするのが苦手な方はグッズを使うと効率的です。

セルライトとは何者でしょう!?

『セルライト』という言葉、特に女性なら耳にしたことがある人は多いと思います。そして『セルライト』=『脂肪の塊』という事も知っている人は多いと思います。「セルライト」という言葉の由来はフランス語だそうです。『細胞』という意味の言葉と『鉱物』という意味の言葉をつなげて出来た言葉だといわれています。

なぜ脂肪の塊になるのか。その仕組みですが、まず、血行が悪くなる事により『脂肪細胞』という皮膚の下にある細胞の代謝が衰え始めます。そうすると”脂肪細胞”がどんどん大きくなり肥大化してしまって、”脂肪細胞”同士や、老廃物まで巻き込んで絡み合って「セルライト」となってしまいます。

セルライトが出来ると、肥大化して皮膚の下にある脂肪部分が大きくなり(厚みがでて)、肌表面に凹凸が出てきます。さらに悪化してくると、そのセルライト部分の肌がオレンジの皮のようにボコボコに見える事もあるため『オレンジピールスキン』と呼ばれる事もあります。

セルライトはなぜ落ちにくいのか

セルライトになってしまった脂肪は、そう簡単には除去する事ができません。普通にダイエットしても、セルライトを除去するのは難しいといわれています。なぜセルライトになると難しにくいのか?

もちろん『塊』だからということもありますが、老廃物までも取り込んでしまっているからです。通常であれば脂肪を燃焼させたりしてダイエットすればいい事ですが、老廃物まで取り込んでしまっているセルライトは、燃焼だけでは撃退する事はできません。

ダイエットして痩身したとしても、セルライトが消える訳ではありません。通常の痩身ダイエットとは別の事と考えて構えて取り掛からないと、セルライトを撃退する事は出来ないということです。ただし、落ちにくいからといってセルライトが除去できないものであるという事ではありません。

セルライトができる原因1:食生活

食べ物とセルライトには深い関係があります。太る原因と一緒です。太りやすい食事、不規則な時間帯、栄養バランスの悪さ、などが関係しています。特に脂っこい食べもの・塩分の多い食べ物・スナック菓子・アルコールなどが良くありません(タバコも同じです)。血液がドロドロになるような食生活を続けると血行不良になり、冷えとむくみを引き起こします。次の原因2でも紹介していますが、冷え・むくみもセルライトの原因になります。

セルライトができる原因2:循環機能

セルライトがなぜできるのか?その原因として『循環機能』つまり『血行』の悪さがあります。血行が悪くなる原因としては次の4つが関係しています。

  • 運動不足
  • むくみ
  • 冷え性
  • 加齢

老廃物がきちんと処理されるかどうかという事が、この血行にかかってきます。血行がいい、代謝がいいという人はセルライトは起きずらい状態にあります。しかし、この様な血行不良はよくあることです。そのためセルライトが出来やすくなってしまうのですが、主にお尻や太もも、ふくらはぎといった下半身にセルライトが出来る事が多いのも、下半身の方が血行が悪い事が原因といえます。血行不良はセルライトが出来る工程に関っているだけでなく、ホルモンも上手に運ぶ事が出来ずホルモンバランスの崩れにも影響が出て、正常に機能しなくなったりもします。

セルライトができる原因3:脂肪細胞

セルライトができてしまう原因として『脂肪』の存在があります。そして、その脂肪を作り出しているのが脂肪細胞です。脂肪細胞は脂肪の合成や分解・蓄積などを行います。脂肪細胞の蓄積量にはリミットがあり、リミットを越えて脂肪細胞の蓄積量が増えていくと、体脂肪率が上昇していき、いわゆる『肥満』となってしまいます。脂肪細胞が増えるのには時期があり、胎児・乳児・思春期・となりますが、この時期以外でも脂肪細胞は増えます。そして、脂肪細胞は他の細胞と違い減らす事が難しいと言われています。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る