女性ホルモンと肌荒れの関係

どうして生理前になると肌荒れがひどくなるの?
女性ホルモンとお肌には密接な関係があった!

femalehormone.gif

普段から、きちんとスキンケアしているにも関わらず、
あご周りに吹き出物ができてしまう・・・
生理前は必ず肌荒れしてしまう・・・

など、なんとなくいつも肌の不調を感じている人は
女性ホルモンのバランスが崩れているのかもしれません。

女性ホルモンは大きく2つあり、この2つの働きによって、
肌の調子は大きく変わってしまいます。男性との違いです!

黄体ホルモン『プロゲステロン』

生理前に分泌されるホルモンで、肌に不調を招く原因になります。
プロゲステロンは、皮脂分泌を盛んにするために、
ニキビやシミをできやすくすると言われています。
むくみや便秘、イライラの原因もこのホルモンです。

これだけ聞くとプロゲステロンは厄介者と思ってしまいそうですが、
このホルモンは妊娠には必要なホルモンなんです。
プロゲステロン値が低いと卵巣機能不全など不妊の原因になります。

卵胞ホルモン『エストロゲン』

これは生理後から排卵日にかけて多く分泌されるホルモンです。
肌をみずみずしく潤し、コラーゲンを増やすなどの作用があります。

他にも髪にツヤを与えたり、気力が充実したりなど、
美肌をはじめとする女性らしさはエストロゲンに影響されます!

これは排卵日にかけてキレイにみせることによって
男性を受け入れようとしているのが理由とも言われています。

エストロゲンの大きな役割の1つは、
妊娠しやすい状態に体を準備することにあります。

排卵を促し、受精卵が着床しやすいように
子宮内膜をふかふかにする働きを担っています。

無理なダイエットや過度なストレスがかかると、
女性らしさや妊娠準備を司るエストロゲンの分泌が減り、
肌の老化が早まってしまうので注意する必要があります。

エストロゲンは思春期から急に増え、30代後半から減り始めます。
そして閉経を迎えるころには急激に減ってしまうのです。
この分泌量を守るには、規則正しい生活を送ることが一番です。

また、大豆などの女性ホルモン作用のある食品を取り入れること!
これも、似たような働きがあり老化を遅らせるのに役立ちます。

スポンサーリンク