ストレスで肌がボロボロになる

ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする
顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生!

ストレスは肌に影響を与えることが分かっています。
日常生活でストレスを受けない暮らしは不可能ですが、
肌がボロボロになってからでは遅いので注意が必要です。

ところで、ストレスと肌ストレスは若干ニュアンスが
違うかもしれません。ストレスは完全に精神的な影響です。
一方、肌ストレスとは肌に負担がかかる症状でもあります。

肌ストレスとは・・・

自分ではどうにもならない外的な要因が多いのが肌ストレス!
例えば以下のような4つが考えられます。

●紫外線の影響
●乾燥
●季節の影響
●年齢からくる衰え

ストレスによる影響で肌がボロボロになる?

心の問題によるストレスからくる肌への影響は絶大です。
以下の4つが肌をボロボロにするメカニズムです。

【肌のストレスによる影響】
●活性酸素が発生・・・・・・肌の老化が促進
●免疫低下・・・・・・・・・アクネ菌が繁殖してニキビ増加
●ホルモンバランスの乱れ・・肌荒れ全般
●不眠・・・・・・・・・・・新陳代謝が妨げられる

このように肌をボロボロにするのがストレスです。
活性酸素は肌を傷つけ、それを防御するためメラニンが発生します。
メラニンが代謝で処理されなければシミの原因にもなります。

ストレス対策で肌を守れ!

免疫低下やホルモンバランスの乱れは自立神経の問題なので
本人はどうすることもできません。
ストレスを解消しましょう!というアドバイスくらいです。

一方、活性酸素は栄養や化粧品で、ある程度の対応が可能!
老ける原因になるのでエイジングケアの化粧品なら対応してます。
活性酸素に対する抗酸化作用のある成分を摂り入れましょう。

●フラーレン
●ビタミンE
●ビタミンC
●カロテノイド
●ポリフェノール
etc…

抗酸化作用で肌がボロボロになるのを防ぐ

フラーレンはコスメでの対応となりますが、抗酸化作用が期待できます。
ビタミンEとCについては食事と化粧品の2方面で対応可能です。
カロテノイドとポリフェノールも活性酸素除去が期待できる栄養素です。

カロテノイドだけでも多くの種類があるので別記事で紹介します。
アスタキサンチンもその1つで、食品の他、コスメにも使われます。

老ける要因になって、ニキビも増加。おまけにシミまで・・・
ストレスで肌がボロボロになる前に、しっかり対策をとりましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る