表皮の構造図を徹底解説(イラスト付き)

表皮は肌の一番上(外側)にある層のこと!
肌のキメやみずみずしさは表皮のケア次第。

表皮のイラスト

表皮の構造.png

図:表皮の構造図・イラスト

表皮は4つのの層から出来ている

お肌の一番上にある表皮は角質層(かくしつそう)・顆粒層(かりゅうそう)・有棘層(ゆうきょくそう)・基底層(きていそう)という4つの層からできています。

表皮の中で最下層の基底層で細胞が生まれて徐々に上にあがっていき、最後は垢となって外に出ます。これをお肌のターンオーバーと呼びます。

角質層の特徴

角質の大きな役目は2つのバリヤ機能!
保湿と外部からの刺激から守ること。

一番上の角質層は角質細胞で出来ています。
角質細胞は死んだ細胞です。角質細胞には核がありません。
死んだ細胞が体を守っているということです。

お肌が干からびないのは角質が水分の蒸発を防いでいるからです。
また、外部からの刺激や菌・ほこりといった異物の侵入を防いでいます。

表皮は一番下の基底層で新しい細胞が生まれます。
この細胞が徐々に上にあがってきます。
これお肌のがターンオーバーです。

顆粒層(かりゅうそう)の特徴

ここは角質細胞になる1歩手前の顆粒細胞が存在する階層です。細胞の中にケラトヒアリンという顆粒があるため、このよう呼ばれており、この上の角質層の細胞を作るのに欠かせないプロフィラグリンを含んでいます。

場所によって違いますが、顆粒層だけで2から4層が重なっていると言われています。

有棘層(ゆうきょくそう)の特徴

表皮の中では最も厚みのある部分です。ここも5から~10層が重なっていると言われています。この細胞は円形をしており上の顆粒層に近づくにつれて平べったくなっていきます。

また、ここにはランゲルハンス細胞という樹状細胞も存在しているのが特徴です。ウィルス・紫外線・寒暖情報などを脳に伝えたり、微生物・化学物質などの異物を見つける役割を持っています。

基底層(きていそう)の特徴

基底細胞が存在する場所で1層で成っています。ここにはケラチノサイトとメラノサイトという細胞があります。ここで細部分裂が行われ表皮細胞が生まれます。お肌のターンオーバーの出発点です。基底層の下には基底膜があり、その下に存在する真皮を守っています。

また、メラノサイトは色素細胞(メラニン色素)でお肌を紫外線から守るとともにシミの原因にもなります。

お肌のターンオーバー

古い細胞から新しい細胞へとお肌が生まれ変わることをいいます。
このターンオーバーは表皮の機能です。

14日間で顆粒層まで上がっていきます。
14日間で角質層から垢となって剥がれ落ちます。
これを角化ともいいます。

通常は28日間と言われていますが年齢や肌質により異なります。
40歳のころには40日~90日間以上かかるとも言われています。

メラニン色素を作って肌を守る

基底層のところでも紹介しましたが、一番下の基底層にはメラノサイトがあります。
これはメラニンを作り出す細胞です。

メラニン色素も通常はターンオーバーと共に外部へ排出されます。
残ってしまったものが消えないシミとなります。

基底区膜の下の真皮に落ちてしまうと真皮はターンオーバーしないため、美容整形クリニックで対処しないとシミがなかなか消えません。

表皮の中でもターンオーバーが滞っていたり大量にシミが発生するとなかなか外に出れずにシミが残ってしまうことが多々あります。

メラニンによって紫外線からのお肌の破壊を守っています。
従って、シミはお肌の防御機能の1つです。

表皮と保湿の関係

表皮の水分のうち一番上の角質層は約30%
それ以下の層では約65%の水分が含まれています。

約3割の水分を占める角質層の保湿が肌のみずみずしさのキメ手!
角質層は死んだ細胞なので剥がれやすくなっています。
これをつなぎ止めているのが角質細胞間脂質です。

角質細胞間脂質の約40%がセラミドという脂質で出来ています。
セラミドは年齢とともに減少していきます。
このため、化粧品で保湿対策をするなら、セラミドの補充が最も大切です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る