イソフラボンの美容効果とは

イソフラボンと美容

イソフラボンが美容に良いという話は聞いたことがあると思います。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするということからお肌に効果的だといわれています。大豆胚芽に特に多く含まれており、エイジングケアの作用で有名なポリフェノールの一種です。

ちなみに、ポリフェノールにはいくつかの種類があり、その1つがフラボノイドです。さらにフラボノイドの種類の中にアントシアニンやイソフラボンなどがあります。このため、イソフラボンはフラボノイドの1種とも言います。

女性ホルモンにはエストロゲン( 卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類あります。このうちエストロゲンが美肌や女性らしい体つきにするなどの作用があります。ということで美容に重要なのがエストロゲンです。

女性ホルモンは30代後半あたりになると低下します。このことから更年期の女性のホルモンを補うためにイソフラボンが効果的と言われています。

エストロゲンの効果

そもそも女性ホルモンのエストロゲンにはどのような作用があるのかいくつか挙げてみました。

美肌効果

  • 抗酸化作用
  • コラーゲン生成
  • ニキビ・肌荒れ減少
  • セラミド増加

美肌以外の効果

  • 血流改善
  • 乳腺細胞の増殖促進(バストケア)
  • 動脈硬化抑制(生活習慣病予防)
  • 脂質代謝制御
  • 骨粗しょう症予防
  • がん発生率低下
  • 生理不順改善
  • ホットフラッシュ改善(更年期障害)

以上のようなものがあります。この他にもいろんな効果があります。特に女性の更年期障害の症状改善に作用するのがエストロゲンです。更年期の症状だけでも人によって様々です。これらがエストロゲンの減少によって引き起こされています。

大豆イソフラボンとエクオール

イソフラボンが多く含まれている食品が『大豆』です。特に『大豆イソフラボン』と呼ばれています。大豆イソフラボンには『ダイゼイン』『デニゼイン』『グリシテイン』という3種類の成分があります。

この中の『ダイゼイン』が腸内細菌によって『エクオール』という成分に変化してエストロゲンと似たような作用をもたらします。エクオールに変化しなければ効果を発揮しにくいのですが、エクオールを作れない体質の人もいると言われています(日本人の約半分だそうです)。

残念ながら、せっかく大豆イソフラボンを摂っても効果が発揮できていない人がいるということです。

ただし、作れない人はサプリメントで摂れば補えます。例えば、小林製薬からエクオール含有食品『エクエル』というサプリが発売されています。大豆イソフラボンからエクオールに変化させて閉じ込めた栄養補助食品です。

>> 『エクエル』の公式サイトを見る

ちなみに、『エクエル』は1日4粒で10mgのエクオールが摂れます。エクオールは作れる人でも1日3mg程度しか作れていないそうで、女性のエクオールの1日の摂取目安量は10mgだそうです。

イソフラボンの過剰摂取について

エクオールとは別に大豆イソフラボンの1日の摂取目安量の上限値は70~75mgです。こちらは内閣府の食品安全委員会の『大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A』というページに掲載されています。もっと詳しく知りたい方ははPDF資料『大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方』に載っています。

不足がちと思いきや大豆製品を摂っている人には意外と足りてる成分です。

あまり、細かく気にする必要はありません。上記のページを読んでみると『大豆イソフラボン150mg/日はヒトにおける健康被害の発現が懸念される「影響量」』と記載されています。約2倍も摂らない限り大丈夫そうです。

細かく気にできない理由がもう1つあります。摂取目安量は正確には『大豆イソフラボンアグリコン』という記載になっています。味噌や納豆などの大豆発酵食品に多く含まれているものです。大豆や大豆食品の場合は普通の『大豆イソフラボン』です。

大豆イソフラボンが腸内細菌の作用で大豆イソフラボンアグリコンに変わります。このため少しロスがあります。大豆イソフラボンの量に0.625を掛けると大豆イソフラボンアグリコンに換算できます。10mgなら6.25mgに減ります。ここまで考えると計算がやっかいなので単純に70mgくらいと考えたほうが良さそうです。

実際の食品にどれくらい大豆イソフラボンが入っているのか『大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A』のページで少し調べました。

納豆は100gで73.5mgと記載されています。おかめ納豆の『極小粒ミニ3』なら1パック50gです。これ1個で36mgくらい摂ってることになります。
豆腐は100gで20.3mgと記載されています。1丁300gとして1/3で8mgくらいです。
味噌は100gで49.7mgと記載されています。大さじ一杯が20g程度なので10mgくらいです。

スポンサーリンク

Follow me!