化粧品の浸透は角質層まで

化粧品の『奥まで浸透…』は角質層まで
肌表面をケアすることがコスメの役割!

化粧品成分の浸透は角質層まで

コスメに配合された成分が浸透するのは角質層まで!
それより下の層には浸透しません。

これは日本の薬事法で規定されています。
角質はバリヤ機能という役割を持っています。

皮膚の内部に異物を侵入させないようにブロックします。
このため、ほこり・細菌なども簡単に侵入させません。

※こちらの記事も参考に!
深いシワは化粧品では改善が困難 | 真皮まで浸透する化粧品はない?

角質層って何?

お肌は『表皮』『真皮』『皮下組織』でできています。
一番上にあるのが表皮です。
この表皮の一番上にある層が角質です。

厚さはわずか0.1mm~0.3mm程度です。
皮膚の場所によって厚さに差があります。
約0.2mmと書かれてあることが多いと思います。

ちなみに真皮は、もっと分厚くて1mmから3mm程度。
表皮よりも10倍くらいの厚みがあります。

角質層は表皮の4つの層の1つ

表皮は4つの層でできています。
下から基底層、有棘層、顆粒層、角質層

角質層は表皮の一番上にある層です。
角質は死んだ細胞でできています。

基底層で生まれた細胞が28日間かけて上の方に移動します。
これをターンオーバーと呼びます。

角質までくると細胞としては死んでいます。
しかし、この細胞がお肌を防御してくれます。

ビタミンCやセラミドが役立つ理由

化粧品成分の浸透は角質層までなので、
有効成分は、この部分の攻防ということになります。
そこで、役に立つのがビタミンCやセラミド!

ビタミンCには皮脂分泌抑制、抗炎症、毛穴の引き締め
といった作用が期待できる総合的なスキンケア成分です。

体の内部ではコラーゲンの生成促進という役目もあります。
肌表面にも良くて、内部でも良いという優秀な物質!

セラミドは角質細胞間脂質に入っている保湿成分。
角質細胞同士をつなぎ合せる役目があります。
また、異物の侵入阻止といったバリア機能にも貢献!

美白化粧品の成分もグッド

メラニンは表皮で生成されます。
紫外線は皮膚に害を及ぼすので表皮がブロック。
皮膚に塗ってこそ役に立つものです!

メラニンの生成を抑えるのは美白成分です。
●ビタミンC
●プラセンタ
●アルブチン
●エラグ酸
●カモミラET
●トラネキサム酸

エイジングケアも有効!

活性酸素を除去するエイジングケアのコスメも有効。
例えば、EGFは上皮細胞増殖因子という表皮をケアする成分。
ターンオーバーを促進させるために役立ちます。

また、フラーレンは活性酸素を抑える成分です。
活性酸素が大量に発生すると肌はメラニンで対抗します。

活性酸素が生み出す過酸化脂質が角質機能を壊します。
このため、スキンケアにとって活性酸素は大敵です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  4. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  5. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る