ピーリングは本当にいいのか

ピーリングには一体どんな効果があるのか
本当にいいのか!悪いのか!その正体とは

ピーリングは本当にいいのか!?

誰もが気になるところですが、結論から言うと
『本当にいい』というのが正解です。

特にアラサー以上のお肌のエイジングケアとして
必須の作業といっても過言ではありません。

ただし、肌が弱い人には向かないというのも事実です。
酸の力で肌表面を溶かしてしまうのがケミカルピーリング!

確実にメリットがあるものはデメリットも付き物です。
特にピーリング後は最も肌が無防備な状態なので、
保湿や紫外線対策は絶対に必要になります。

何もしないと肌トラブルが増える!

ケミカルピーリングは酸で肌表面にある古い角質を
剥がします。ピーリングというのは剥く(むく)という意味があります。
古い角質が溜まってくると様々な肌トラブルを引き起こします。

●肌がくすむ
●肌が乾燥する(正確には肌が乾燥すると防御のために角質が厚くなる)
●ターンオーバーの遅れ(正確にはターンオーバーしないので角質が厚くなる)
●毛穴が詰まる(ニキビができやすくなる)

ピーリングのメカニズム

①年齢とともにターンオーバーが遅くなる
②古い角質が積る
③新しい細胞が上がれない
④ピーリングで皮をはがして余分な角質を取る
⑤毛穴の詰まりが減る!新しい細胞がどんどん生まれてくる

ピーリングの効果とは!?

このようなことからピーリングの効果は大きく2点!
以下のようなことです。

●表皮のターンオーバーを高める
●真皮のコラーゲンを増やす

ピーリングそのものにコラーゲンを増やす作用はありませんが、
上皮が活性化することで、真皮も活性化してくるようです。

肌表面の角質細胞を無理やり剥がしてしまうので、
薄くなったお肌は緊急事態を察知して肌再生を促します。
つまり、トロトロしてサボっていたターンオーバーを急がせます。

ピーリングの種類

大きく分けて2種類あります。市販されているのはAHAの方です。
BHAは皮膚科や美容整形などクリニックでのみ取り扱っています。

●AHA(アルファヒドロキシ酸)・・・水溶性ピーリング剤
グリコール酸、乳酸、フルーツ酸

●BHA(ベータヒドロキシ酸)・・・油溶性ピーリング剤
サリチル酸

角質除去に関する記事

ピーリングのおすすめ市販品
顔の角質の取り方

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る