顔のシミ取り方法の種類

顔のシミを取る方法はいろいろある
シミのないお肌を取り戻しましょう

顔のシミ取り

シミは紫外線を浴びる事で色素沈着がおき皮膚の表面が茶色や茶褐色に変色してしまう事を言います。まずは紫外線からお肌を守る事を心がけるようにしましょう。シミ取り治療は皮膚科や美容外科で治療することができます。どちらにするかは自分の近くの皮膚科や美容整形クリニックを調べて検討されると良いと思います。ケースによっては皮膚科での治療は保険が利く場合もあるので料金の面も専門医に相談されると良いかと思われます。

シミの治療はレーザーを当てて行う治療の他にも薬を使った治療もあります。塗り薬・飲み薬・点滴・サプリなどなど。自分に合った治療法を専門医やカウンセラーに相談し決めるほうが安全・安心だと思います。即効性を望まないのであれば美白化粧品を使ったシミ取りもできます。化粧品に含まれている美白成分をチェックして自分に合った化粧品を選ぶ事が重要になってきます。シミの種類によっては合わない治療法もあるのでまずは自分のシミがどんなシミなのかを把握しておく必要があると思います。

どんな方法があるのか!

【目立つシミの治療や完全に除去する方法】

  • レーザー治療

【薄いシミ、広い範囲の場合】

  • フォトフェイシャル/フォトRFオーロラ

【時間をかけて少しずつ治す方法】

  • ケミカルピーリング
  • 塗り薬・クリーム(ハイドロキノン・トレチノイン)
  • 飲み薬(ビタミン剤・トラネキサム酸)
  • 美容点滴(ビタミンC・プラセンタエキス)
  • 美白注射(トラネキサム酸・ビタミンC)
  • サプリメント

レーザー治療

黒い色に反応するQスイッチYAGレーザーを使ってシミを破壊します。このため、塗り薬や飲み薬を使っても一向に治らないシミでも対応できます。

フォトフェイシャル/フォトRFオーロラ

マイルドな光をあてて肌表面(表皮)にダメージを与え、強制的にターンオーバーを促します。下から出てくる新しい細胞が古い細胞やシミやを押し上げて排出します。ただし、肌の真皮層に落ちてしまったシミまでは消せません。

ケミカルピーリング

特殊な薬を使って角質をはがしながら新陳代謝を促す効果が期待できる治療の1つです。ケミカルピーリングには、①肌のくすみが明るくなる②ターンオーバーが正常にする③化粧のノリと浸透力がアップ④真皮のコラーゲンの増殖を促す。という4つの効果が期待できます。

自宅でピーリングするならこの商品

塗り薬(トレチノイン治療)

塗り薬による方法の1つにトレチノイン療法があります。トレチノインはビタミンAの誘導体のことです。このビタミンAを使うことで皮膚にどういった作用があるのか?トレチノイン療法はアメリカのFDAが認可しており、シミ・ニキビ・しわなどの治療薬として使われています。トレチノイン療法が皮膚に及ぼす効果として、角質をはがす効果。他にも皮膚の再生を促す効果。ターンオーバー促進効果。シミを薄くする効果などがあります。しかし、トレチノインが効果を発揮するのは皮膚の浅いところにあるものに対してなので皮膚の奥にあるシミには他の方法をお勧めします。

塗り薬(ハイドロキノン)

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」とも言われるほど高濃度な美白効果がありシミを作るメラニンの生成を抑制してくれます。皮膚科では市販されているシミ取り商品よりもシミに効果のある成分を高濃度で処方する事が認められているので市販のものより高い効果が期待できます。しかし使用方法をきちんと守らないと折角の治療も台無しになり、皮膚を傷めてしまいかねませんのでシミ取りを薬で治療される方は用量をきちんと守って使用することが大切です。

飲み薬

シミ取りというと美容外科のイメージが強いですが皮膚科で受けるシミ取りの治療法には塗り薬のほかに飲み薬もあります。飲み薬はトランシーノ(TRANSINO)という薬ですが、この薬はシミの中でも肝斑に効果があるようです。

美容点滴

点滴という方法もあります。この点滴にはシミの原因である酸化作用を阻止する目的の抗酸化作用と肌の新陳代謝を高めるプラセンタエキスや高濃度ビタミンCなどを使います。この点滴で身体からシミに直接働きかけるようにするそうです。どんな治療法を選ぶにも1度専門医に相談する事が大切ですね。

サプリメント

市販されているサプリによるシミ取りの方法もあります。皮膚科の薬と違って作用は低いですが、安心感があり、副作用もなく安くシミ対策ができる点で人気があります。有名なところではエスエス製薬のハイチオールCが知られていますが、それ以外にもいろいろあります。

顔のシミを消すおすすめ商品はコレ

その他の方法

ケミカルピーリングやフォトフェイシャルでのシミ取り治療に不安のある方にはメディカルエステを受ける事も良いかも知れません。メディカルエステとは医師の指導のもとで行う治療補助のスキンケアとされています。また、シミの予防として紫外線をカットする化粧品を使うようにするのもお勧めです。シミ取りの治療や対策を考えている方は肌のターンオーバーをしっかりと機能させる事が重要です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る