『紫外線は曇りの方が多い』は本当か

海水浴場で、まことしやかに語られる噂
『紫外線は曇りの方が多い!』は本当か

紫外線は太陽から地球に到達してからも様々な邪魔が入ります。
オゾン層の影響や大気中の微粒子、雲などで徐々に減衰していきます。

ということで、普通に考えても曇りの方が弱いです。
つまり『紫外線は晴れの方が強い』が一応は正解です。
1つだけ例外があるようです。

晴れと曇りで紫外線の強さは違う

紫外線の強さは快晴のときが最も強く降り注ぎます。
晴れと曇りでどれくらい違うのか目安として下記のような数値です!

快晴・・・・100%
晴れ・・・・90%
薄曇り・・・85%
曇り・・・・60%
雨・・・・・30%

薄曇りの日に要注意!

実は気象庁が提供しているサイトに詳しいことが記載されています。
それによると『薄曇りの日で日差しがあるとき』には要注意!

なんと紫外線が100%を超えることがあるそうです。
晴れのときでも雲が少しあると100%越えのケースがあります。
つまり快晴を上回ることがあるということ!

これは雲からの散乱光が加わるからです。
直接光だけじゃなく散乱光や反射光にも注意が必要!

ということで、曇りの日の方が紫外線は強いという噂はウソ!
ですが、例外的に雲が少しあった方が強いときもあるということ。

UVAが雲を突き抜ける

地上に降り注ぐ紫外線にはUVAとUVBがあります。
このうちUVAは雲を突き抜けます。

UVBは肌が赤く火ぶくれ(サンバーン)を引き起こします。
曇りの日は、UVBがカットされるためこのような現象は少ないです。

しかし、UVAは雲を突き抜けます。
さらには窓ガラスも突き抜けます。

真皮に影響がでる

UVAは肌の奥にある真皮層にまで影響を及ぼします。
真皮を破壊されると、表皮以上に再生が困難になります。
ここはターンオーバーしません。

真皮は肌のハリ・深いシワに決定的に影響します。
また、この領域に落ち込んだシミはクリニックでないと消せません。

曇りの日や家の中とはいえ紫外線に注意する必要がある
といわれるのは、このような理由があります。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  4. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  5. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る