色素沈着したシミの治療で知っておくこと

シミを消すなら肌のターンオーバーが鍵
クリニックのレーザー治療もオススメ!

化粧品でシミを消したいなら!

シミを消すにはお肌の細胞を活性化して
ターンオーバーを正常化する必要があります。
お肌の表面はは約28日で生まれ変わります。

このときシミを肌の表面まで持ち上げて排出します。
自分でできるシミ消し対策としては美白化粧品、漂泊化粧品があります。
私が使用して良かったのはビーグレンのシミ・くすみ対策セットです。
※美白化粧品については姉妹サイトもご覧ください
メラニンの生成を抑える美白化粧品 | もう新しいシミを作らない

シミの種類いろいろ

●炎症性色素沈着
にきび痕、傷痕、虫さされ痕、脱毛による色素沈着。
シミの中でも、ピーリングや美白化粧品が期待できる症状。

●花弁状色素斑
海水浴、スキーなどの急激な日焼け。
真皮層までメラニンが入り込んでしまうとレーザーしか対処できない。

●老人性色素斑
紫外線の蓄積によるシミ。
生まれてからの積み重ねで一定の許容量を超えると発生します。

●肝斑
女性特有。左右対称にできる。
妊娠中・更年期にできることが多い。

●脂漏性角化症
皮膚科にいくとイボですと言われるシミ。
見た目にはシミが若干隆起している。

●ソバカス
雀卵斑(じゃくらんはん)とも言う。
遺伝が影響しているが紫外線でも拡大する。

●くすみシミ
古い角質が剥がれずに残っている。ターンオーバーの乱れが原因

●摩擦黒皮症
肌を擦った刺激でメラニンが発生する。

●太田母斑
青いしみ。若いころに出来やすい。

シミを消す対処方法


※1 通常のレーザーによるシミ治療はできないようですが、
QスイッチYAG(ヤグ)レーザーという機器を用意しているクリニックなら
対応しているようです。クリニックで相談してみてください。

美容整形で使用するレーザーは様々ですが、
シミを治療できるレーザーは限定されています。

●QスイッチYAG(ヤグ)レーザー
●Qスイッチルビーレーザー
●MPLコントワー
●レーザートニング
●ライムライト

このような機器を用意しているクリニックなら
治療しています。美容皮膚科に相談してみてください。

他にもオーロラやフォトフェイシャルなども
シミ治療ができると説明しているクリニックがあります。

これらは、どちらかというとスキンケアの一環として
シミも薄くなるという位置づけだと理解しています。

シミ治療で有名なのは『QスイッチYAG(ヤグ)レーザー』です。
色素沈着したシミにピンポイントで照射して治療する機器です。

『このシミを取りたい』という具体的な部位がある場合は、
このレーザーを使っているクリニックを訪ねてみるといいかも!

自宅でのシミ対策の基本はビタミンC誘導体

自力でシミを消すのはスキンケアの中でも最も難しい部類の1つです。
色素沈着してしまったシミを消すのは本来は美容外科に頼るのがベスト!

そんな中で、自宅でできるシミ対策としておすすめなのはビタミンC!
ビタミンC誘導体は様々なお肌トラブルを解決する作用が期待できます。
予防だけじゃなく出来てしまったシミにも役立つ必須の成分です。

●メラニン生成を抑える
●メラニン色素を薄くする
●色素沈着を薄くする
●コラーゲン生成を促す
●ニキビの予防・改善
●活性酸素の除去
●抗老化作用
●ターンオーバーの正常化
●皮脂を抑える

以上のような多くの作用が期待できるのですが、
分子量が大きいためお肌の奥へ浸透するのが難しい成分でもあります。
できる限り奥へ浸み込ませるにはイオン導入美顔器を使用します。
※美顔器商品については姉妹サイトもご覧ください
老け顔防止に人気の美顔器 | ビタミンCのイオン導入でエイジングケア

何故シミができてしまうのか?

シミの原因はいろいろあります。お肌は25歳を過ぎると衰えていきます。
10代のころのようにリカバリできなくなるのがシミの原因です。
具体的には以下のようなことが要因となっています。

●紫外線
●ターンオーバーの乱れ
●ホルモンバランスの乱れ
●ストレス

敵か味方かメラニン色素!

シミを作る要因はメラニン色素です。
メラニンはお肌を守るための防御機能ですが、
過剰に作られてしまうことがあります。

これに対してターンオーバーでは処理しきれないメラニンが
残ってしまい色素沈着を起こします。

また、表皮の下の真皮にまでシミが落ちてしまうことがあります。
真皮はターンオーバーしないため、この位置に落ちたシミは
美容外科で取り除いてもらうのがベストです。

シミを消すには根気が要ります!

自宅で出来るお肌のシミを消す対処方法をまとめると以下の通り!

●ビタミンC誘導体のイオン導入(美顔器使用)
●ピーリング
●美白化粧品

出来てしまった顔のシミを消すには
皮膚科で治療してもらう方法もオススメです。

ビタミン剤、ハイドロキノン、ハイチオールなどを処方してもらえます。
美容外科科ではレーザー治療ができますが、費用が高いです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る