皮膚の構造をオリジナルイラストで解説

肌は表皮と真皮と皮下組織で出来ている
皮膚の構造を下記の画像で紹介します!

わかりやすい!?皮膚のイラスト・断面図

表皮の構造

図:表皮の構造

皮膚の断面図と真皮の構造

図:皮膚の断面図と真皮の構造

皮膚は表皮・真皮・皮下組織という3つの部分の構造から成っています。
この3つの機能について簡単に説明します。

表皮はお肌の最も表面(外側)にあります。
水分の保持と外部からの刺激や異物混入を防ぐ役割があります。

真皮は表皮と皮下組織の間にあります。
お肌のハリやシワに関して重要な関わりがある部分です。

皮下組織は『皮下脂肪』という言葉ある通り大部分が脂肪です。
体温保持や衝撃吸収といった役目があります。

顔の皮膚(表皮・真皮)の厚さは

表皮の厚さは0.1mmから0.2mm
このうち角質層だけで0.02mmほど
真皮の厚さは2mmから3mm。

このように言われています。
ただし、当然ですが、人によって異なります。

特に顔の表皮はターンオーバーが滞り、
古い角質が堆積している場合は分厚くなります。

お肌の透明感が失われます。
肌のくすみの原因がコレです。

また、体の部分によっても違います。
例えば顔と足の裏では厚さが全然違います。

まぶたや目の下は薄く、足の裏になると他の20倍の厚さになるとも言われています。

表皮の解説

表皮は図にように4つの層から構成されています。
角質層と顆粒層の間に透明層があると説明している専門家もいます。

●角質層(かくしつそう)
●顆粒層(かりゅうそう)
●有棘層(ゆうきょくそう)
●基底層(きていそう)

基底層にはメラノサイトというメラニン色素を作り出す細胞があります。
また基底層で新しい表皮細胞を作りだしています。

その上の有棘層はお互いが繋がっています。
これにより表皮が崩れずに支えられています。

顆粒層までくると徐々に細胞がつぶれていきます。
死ぬ直前の表皮細胞が顆粒層の細胞です。

一番上の角質細胞は死んだ細胞です。
しかし、保湿と外部からの防御という2つの役目があります。

真皮の解説

真皮は表皮と皮下組織の間に位置しています。
ここには主に以下のようなものがあります。

●コラーゲン
●ヒアルロン酸
●エラスチン
●線維芽細胞
●皮脂腺
●汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)
●血管
●神経

真皮の状態はエイジングに大きく影響します。
シワ・たるみ・治らないシミも真皮が原因の1つです。

次に表皮と真皮を具体的に紹介します!

表皮の構造図を徹底解説(イラスト付き) | 角質層の役割とは?
真皮の構造図を徹底解説(イラスト付き) | 皮膚のコラーゲンの割合は?

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  2. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  3. 大人になってもニキビが治らない

    大人になってもニキビで悩んでます…治らないのは表皮のバランスの乱れか お肌のバランスの乱れ …
  4. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  5. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  6. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

人気ブログランキング

ページ上部へ戻る