化粧品の界面活性剤の役割とは?本当に肌に悪いのか?

化粧品の界面活性剤の役割とは?

化粧品と切っても切れない関係
界面活性剤って何に使うの?

kaaaeizai.gif

クリーム、リキッドファンデ、マスカラなど
油分の多い化粧品や濃いメイクをしている場合、
落とすのに界面活性剤が必要になります。

界面活性剤の役割とは?どのようなものかと言うと、
『水と油を混ぜ合わせる』ということです。

手についた油を水で落とそうとしてもなかなか落ちません。
本来、水と油は混ざらない物質だからです。
ところが、界面活性剤を使うと水と油が混ざります。

水と油が混ざらない理由とは?

水と油が混ざらないことは誰でも知っていると思います。
それではなぜ、この2つが混ざらないのでしょうか?

水と油の物質の性質が違いすぎるからです。
性質が違い過ぎる物質同士は混ざりません。

具体的にいうと『表面張力』が違うと混ざりません。
表面張力とは読んで字のごとく表面を引っ張る力です。

コップにたっぷり水を注ぐと、少し浮き上がってこぼれません。
これは水の表面張力が大きいからです。分子同士が引っ張り合って離れません。

一方、油は表面張力が水の半分以下です。
表面張力が違い過ぎる分子同士は混ざらないんです。

でもドレッシングは混ざるよ

ドレッシングの油分は混ざり合っているのでは?
という疑問を持つ人がいると思います。

水とドレッシングのように重さが近い場合、
瞬間的には混ざったように見えるだけです。

時間が経つと両者は徐々に分離し始めます。
油は水より軽いので上に浮いてしまい完全に分かれます。

メイクをクレンジングで落とす

クレンジングオイルでメイクを落とす時、
メイクが浮いたら水で濡らしてクルクルすると白くなります。
この状態が『乳化』と呼ばれ現象です。

乳化とは水と油が混ざった状態で、これが界面活性剤の力です。
界面活性剤はメイクを落とすために必要な成分です。

化粧品まで落とせるという石鹸もありますが、
実際には『マスカラが落ちない』などよくあることです。

ダブル洗顔は美肌の基本!といわれるように、
しっかり落とすにはクレンジングと洗顔の2つが必要です。

界面活性剤は本当に肌に悪いの?

化粧品と切っても切れない関係
界面活性剤を使用していいの?

石鹸も界面活性剤です!

ビックリするかもしれませんが、
石鹸は界面活性剤の仲間です。
(注)違うという専門家もいます。

石鹸成分は以下の2つ(または2つを合わせたもの)です。
●石鹸素地・・・・・・固形石鹸
●カリ石鹸素地・・・・洗顔ジェルなどの形がない洗顔料

純石鹸と呼ばれるものは、ほぼ上記の成分だけでできています。
ということで純石鹸は天然界面活性剤(または単に界面活性剤)です。

その他の石鹸は美容成分、香料、防腐剤など何らかの成分を配合しています。
特に洗顔ジェル、液体系洗顔料の多くは合成界面活性剤が入っています。

界面活性剤という言葉に敏感で・・・

化粧品の成分を気にする人の中には、
界面活性剤という言葉に敏感が方も多いと思います。

そんな人でもクレンジングや洗顔石鹸を使用していると思います。
ということであれば既に界面活性剤のお世話になっているはずです。

大手の化粧品会社のサイトでは、
商品を調べても具体的な成分を載せていないメーカーが多いです。
知らず知らずのうちに界面活性剤を使っているかもしれません。

界面活性剤は本当に肌に悪いの?

ということで、界面活性剤は肌に悪いのかどうかですが、
お肌に負担がかかるのは事実です。

特にクレンジングの場合、界面活性剤の量が多いので、
1分以内に終えるのが望ましいと言われています。

使っても大丈夫?

『界面活性剤は危険だ!肌に悪い』『界面活性剤を使ってはいけない』
といったネガティブな情報が飛び交っています。
半分真実であり、半分嘘でもあります。

そもそも、使うと肌が溶けていくような危険な成分は、
厚生労働省から配合の認可がおりません!

危険の度合いというものがあります。
化粧品の場合、危険と言われる成分の影響は、
以下のような結果を招く可能性のある成分を言います。

●乾燥肌になる
●敏感肌になる
●肌荒れする(赤味、ニキビ、キメの粗さなども含む)
●シミが増える
etc・・・

最も肌に悪い界面活性剤とは

化粧品の中で最も毒性の強い成分は『合成界面活性剤』です。
ただし、全てではありません!
特に石油系合成界面活性剤が肌に悪い成分です。

石油系合成界面活性剤については次の記事で詳しく紹介します。

石油系合成界面活性剤とは?

石油系合成界面活性剤とは?
肌に及ぼす重大な影響とは・・・

kaimenkasseizai.gif

化粧品に配合される成分の中で最も悪いのが
『界面活性剤』と言われています。

しかし、これは間違いです。
界面活性剤が全部悪いわけじゃありません。
毒性はピンキリで、ほとんど害がない成分もあります。

本当に良くないのは・・・
『合成界面活性剤』と言われています。

しかし、これも間違いです。
合成界面活性剤が全部悪いわけじゃありません。

ホントのホントに良くないのは・・・
『石油系合成界面活性剤』これが本当です。

種類は分け方によっていろいろある

【イオン性で分ける】
●陰イオン(アニオン)界面活性剤
●非イオン界面活性剤
●両性界面活性剤
●陽イオン(カチオン)界面活性剤

【原料で分ける】
●天然系
●石油系

【化学的な処理で分ける】
●天然界面活性剤
●合成界面活性剤

このようにいくつも分かれます。
自然素材でも界面活性剤があります。
石鹸成分もそうです。

また、天然素材でも化学的に変化させると、
合成界面活性剤という区分になります。

一体何が悪いのか?それは肌のバリヤ機能の破壊!

それでは、この成分の何が良くないのか?というと、
『角質層を壊してしまう』ということです。
肌のバリヤ機能に影響がでます。

界面活性の力はタンパク質を溶かします。
肌の表面にある角質細胞を少しずつ溶かしてしまうということです。

角質層の部分は『肌のバリア機能』の役割があります。
●水分が蒸発しないよう保湿
●外部から異物が侵入しないようにブロック
●外部からの刺激から守る

肌のバリア機能が壊されると以下のような症状が・・・
●水分が蒸発してしまうので肌カサカサ
●神経がむき出しになるので肌ヒリヒリ
●角質がボロボロなので肌のキメが粗い

石油系とその他の違い

とはいえ、通常の界面活性剤は洗い流せば問題ありません。
水で流すと肌のバリヤ機能の破壊がなくなります。

また、肌表面は弱酸性で出来ています。
この酸の力で界面活性が失われます。
これにて一件落着。

ところが、取れにくい無くなりにくいという成分があります。
それが『石油系合成界面活性剤』です。

角質細胞を破壊し続けてしまうということです。
唯一のメリットは化粧品の成分が肌の中に浸透すること。
しかし、成分が浸透しても角層がボロボロになり本末転倒!

化粧品は問題なし!?

とはいえ、化粧品で、肌に重大な影響を及ぼすほどの
成分を配合した商品はありません。あったら販売中止になってます。

また、配合量に規制のある成分もあるので、結果的に
化粧品を使って、肌がボロボロになるとすれば別の理由かもしれません。

肌のバリア機能を壊す成分の名前は

具体的に石油系合成界面活性剤の成分名称は何か?
という疑問がわくと思います。
あらかじめ名前を知っていれば、その化粧品を避けることが可能!

ところが、なかなか難しいんです。
何が石油系なのか判断することが非常に困難。

合成界面活性剤は2,000から3,000あるとも言われており、
石油系だけでも200くらいあるそうです。

石油系界面活性剤一覧

唯一分かったことは、若干規則があるということです。
以下の成分は『石油系』だと言われている成分です。
カッコ内で書かれた成分は別名です。

●スルホン酸ナトリウム
●キシレンスルホン酸アンモニウム
●パレスー3硫酸ナトリウム
●パレスー3硫酸アンモニウム
●ラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)
●ラウレス硫酸ナトリウム(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩)
●ラウリル硫酸アンモニウム
●ラウレス硫酸アンモニウム

上記の成分には規則がありました。
それが下記の2つです。

化合物が以下のもの
●スルホン酸
●○○硫酸

以下の成分と化合(アルカリ剤で中和?)
●Na(水酸化ナトリウム)
●アンモニウム

まず『スルホン酸』と『○○硫酸』という名称があったら要注意!
さらに後ろに『Naまたはナトリウム』『アンモニウム』と書かれてたらビンゴ。
Naはナトリウムと記載されている場合もあります。

とはいえ例外も多いです

もちろん、例外も多く、少しでも名称が違ってると別物なんてことも・・・
例えば『コンドロイチン硫酸ナトリウム』は単なる保湿剤です。

また『ラウレス…』は化粧品でたまに見かけることがありますが、
『ラウリル…』よりもマイルドと言われています。
全体的に、あまり化粧品で見かけることはない成分ばかりです。

このようなことから、まずは上記一覧表を参考にしてみてください。
毒性の強い成分は化粧品よりもヘアケア商品や洗剤に多い傾向があります。

スポンサーリンク