お肌のターンオーバーの周期

肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期は?
一般的に28日と言われていますが果たして

ターンオーバーの周期は28日じゃない!?遅くなった新陳代謝を早めるには!

一般的にはお肌のターンオーバーは28日という話を聞きます。
ところが、これは人によってもっと遅くなります。

28日というのは20代(前半)のころの周期といわれています。
年齢が高くなるほどもっと遅くなってきます。

40代くらいでは60日くらいかかるといわれます。
60代以降は90日以上かかることも普通だそうです。
反対に10代だと20日くらいの短い周期になります。

結果として20日から90日以上といった周期!
遅いと100日かかることもあるそうです。
このように年齢によって全然違います。

そこで、遅くなってしまったお肌のターンオーバーを早める方法を以下で紹介します。

ターンオーバーとは何のこと?

お肌が生まれ変わることをターンオーバーと呼んでいます。
日本語で言ったらお肌の新陳代謝です。

正確にはお肌はではなく『表皮』という部分だけです。
コラーゲンやヒアルロン酸が存在する『真皮』は無関係!
お肌の上の方の表皮だけが28日から90日で生まれ変わります。

新陳代謝を促進させる対策とは

新陳代謝が正常な人は早める必要はありません。
自分の年齢にふさわしくないほど遅い場合は問題です。
そんなときターンオーバーを正常に戻すにはどうするか?

【すぐできる4つのターンオーバー促進策】
●十分な睡眠時間を取る
●紫外線の影響を抑える
●ピーリングによる角質ケア
●食生活の改善

ターンオーバーは睡眠中に行われます。
だから睡眠は最重要事項です。

眠る時間帯は無関係ですが睡眠が5時間以上必要です。
具体的にはノンレム睡眠時間が2回必要です。
お肌と睡眠に関しては詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

肌と睡眠とゴールデンタイムの関係 | 成長ホルモンの分泌時間帯

ピーリングによる角質ケア

ターンオーバーを促進させる方法として『ピーリング』があります。お肌に直接的に影響するので効果を実感できると思います。ピーリングはお肌の表面にある古い角質を溶かします。

新陳代謝が滞っている場合、古い角質が垢となって落ちずに堆積して分厚くなってしまっています。こうなると肌の透明感が失われ、毛穴に汚れや皮脂が詰まりやすくなりニキビの原因にもなります。

このような状況を改善するためにピーリングがあります。美容整形クリニックでもピーリングを受けることができますが、家庭用でも市販品があります。ピーリングにより、古い角質を溶かして強制的に新しい表皮を作り出させます。

どのようなピーリング商品があるのかは『ピーリングのおすすめ市販品』を参考にしてみてください。

お肌のターンオーバーを促進する食べ物とは

肌の新陳代謝に不可欠な栄養といえばビタミンです。特に脂溶性の『ビタミンA』『ビタミンE』と水溶性の『ビタミンC』『ビタミンB群』を摂ることが大切です。また、ミネラルも不可欠で特に『亜鉛』は新陳代謝促進には必須です。その他、タンパク質も重要です。タンパク質がアミノ酸に分解されてからコラーゲンやエラスチンが作られます真皮にとって不可欠ですが、真皮がしっかりすることで表皮にも好影響を与えます。

タンパク質

【魚介類・海藻】
ふかひれ、かつをぶし、いわし、あじ、あゆ、まぐろ、かつを、しらす干し、さけ、たい、ひらめ、さば、にしん、するめ、いくら、すじこ、たらこ、イカ、えび、あさり、さざえ、カニ、貝、のり、ひじき、わかめ、こんぶ

【肉類】
生ハム、鶏肉・豚肉・牛肉(ヒレ/もも/レバー/ささみ/ロース/他)、ビーフジャーキー

【豆類】
豆腐、納豆、大豆、きな粉、がんもどき、油揚げ、あずき

【乳製品】
チーズ(パルメザン/プロセス/カマンベール/他)、脱脂粉乳、クリーム(生/ホイップ/)、ミルク

亜鉛

牡蠣、豚肉、牛肉、卵、ごま、ビーフジャーキー、パルメザンチーズ

ビタミン

ビタミンに関してはこちらのページ『ビタミンは摂りすぎちゃダメ?』に細かく記載しています。

化粧品の成分は何がいいか

新陳代謝には成長ホルモンが重要です。
細胞を活性化させるような成分だと理想です。
そんな中、下記2つの成分はおすすめです。

【細胞活性化系】
●EGF(表皮細部増殖因子)
●プラセンタ

また、アンチエイジング系の化粧品も年齢肌の改善に使用したいところです。

【抗酸化系】
●フラーレン
●アスタキサンチン
●ビタミンC、E

これらの成分が入った化粧品がオススメです。基本的に美容液がメインになるかと思いますが、洗顔石鹸・化粧水・クリームなどラインで使うのも1つの方法です。細胞活性化系はターンオーバーに直接的な影響を与えますが。抗酸化系は間接的に影響を与えます。

ターンオーバーは早すぎてもダメ

ターンオーバーは早ければいいというものじゃありません。
お肌にダメージがあると急いで修復しようとします。
ところが、十分に育っていない細胞だとバリア機能が貧弱です。

入れ替わる部分も、まばらになりシミが排出されず残ることも…。
特に紫外線の影響からのダメージに注意しましょう。
ピーリングのやり過ぎにも注意が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  4. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  5. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る