紫外線による肌の老化

シミ・しわ・たるみ・乾燥など
紫外線は肌に重大な影響を及ぼします!

femalehormone.gif

今やUVカットは1年中必須のケアとも言われています。
それでもついつい日焼け止めを塗るのを忘れたり、
うっかり日焼けをしてしまうことがあります。

紫外線の怖さがまだ理解しきれてないからではないでしょうか。
皮膚への感覚がなくとも紫外線は確実に肌の老化を招きます。

それも、シミ・しわ・たるみ・乾燥など・・・、
ありとあらゆる肌の悩みの原因となってしまいます。

コラーゲンを変性させるUV-A

紫外線で老化を招いているのは、UVーAとUV-Bです。
UVーAは、肌の真皮まで到達して、深刻なダメージを与えます。

肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを傷つけます。
その結果、コラーゲンを変性させてしまいます。

そのため、弾力がなくなり、しわやたるみができやすくなります。
そして、お肌は防御のためにメラニン色素を作り出します。
それがうまく排泄されないとシミとなって表面に現れてしまいます。

UV-Aはガラスを透過します。曇りの日でも地上に注がれます。
車内や室内でも日焼け止めを塗ってカットするのが良いでしょう。

肌の表皮にダメージを与えるUV-B

日焼けすると赤くなってヒリヒリすることがあります。
これはUV-Bの影響です。日焼けして肌を黒くする作用もあります。

また、表皮にダメージを与えるということは、角層の状態を乱して、、
乾燥を招いたり、肌荒れしやすい状態にしてしまいます。

UV-Bは、ガラスを透過しませんので室内なら大丈夫。
しかし、屋外では直射日光以外に照り返しにも注意しましょう。

紫外線は真夏だけじゃない!

紫外線は夏に多いイメージがあると思います。ところが・・・
シミ・シワ・たるみの原因になるUV-Aは、3月ごろから急上昇!
4月5月ごろには真夏と同じくらいの量があるのです!

10月ごろからUV-A・UV-Bともに減少していきます。
それでも1年中降り注いでいるため、1年を通してのUVカットが必要!
UV-Aは冬でも夏の半分くらいは降り注いでいるので油断は禁物。

日焼け止めは1度塗ったきりにせず、汗や摩擦で落ちるものと考え、
3時間ごとぐらいにこまめに塗りなおすようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. ストレスで肌がボロボロになる

    ストレスは肌に影響を与えてボロボロにする顔が老ける、ニキビが増える、シミが発生! ストレスは肌に影…
  4. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…
  5. 目元の小じわを解消したい

    目元は乾燥しやすいので小じわになりやすいちりめん皺の対処は、しっかり保湿すること シワが最初に…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る