乾燥肌のスキンケア

保湿対策でカサカサを改善するなら

肌の中の水分を逃がさない!
これが保湿の基本です。

seramido.gif

多くの肌トラブルの原因、
それは「乾燥」であることがほとんどです。

そのため、保湿に重点をおく女性がとても増えてきましたね。
アンチエイジングの美肌の基本も保湿だったりします。

実は正しい保湿ができていない方が多い・・・

保湿に必要なのは「水分をいれる」ことではなく
『肌の中の水分を逃がさないようにする』
ということです。

肌の水分保持を守っているのが角質細胞間脂質というものです。
これは角質の間にあって、水分の蒸発を防いでいるものです。

角質細胞間脂質がしっかりしていない肌は、
化粧水をバシャバシャ塗っても時間が経つと乾燥してします。

クリームを塗れば潤った感じになりますが、
水分の蒸発は防げません。

セラミドの役割と特徴

角質細胞間脂質には以下のようなものがあります。
●セラミド
●スフィンゴ脂質
●ステアリン酸コレステロール

中でもその約40%を占めるのが「セラミド」と呼ばれる成分です。
セラミドは、水分を挟み込んで蒸発を防ぐ特性があります。

湿度が下がっても水分がキープできて、
他の細胞間脂質よりも強力な水分保持力をもっています。

保湿はセラミド補充から!

いくら保湿しても乾燥するという方は、
肌の中の水分を蓄える力が弱っている状態なので、
これら細胞間脂質を取り入れることが必須となります。

セラミドは肌の新陳代謝の過程でつくられ、年齢とともに減少してきます。
年々、乾燥しやすくなるのはそのためです。

どうすればいいの?

セラミドはコレステロールなどからできますが、
食事でコレステロールをとっても、直接セラミドを飲んでも、
加齢で減っていくセラミドを作り出すのは困難です。

なので、セラミド配合の美容液を取り入れるようにしましょう。
この水分保持力が戻ってくると、乾燥肌の体質も改善してくるでしょう。

保湿しても肌がカサカサになる原因とは

化粧水をパチャパシャつけても乾燥しちゃう
お肌がカサカサになってしまう原因と対策

femalehormone.gif

いくら保湿しても乾燥する、午後になると絶対にかさつく、
などなど、お肌の乾燥は多くの女性の悩みになっています。

若いころは少々の乾燥は気にならないかもしれませんが、
実は、乾燥は老化の根源と言っていいほど注意すべきことなのです。

年齢を重ねるほど、乾燥には敏感になって丁寧に保湿するのに
それでも乾燥が進んでしまうのはなぜでしょうか?

お肌がカサカサになってしまう原因!

肌がカサカサになる原因は、お肌の水分を保つ力が衰えているから!
加齢によってお肌に水分を貯めておく成分がどんどん減少します。
喫煙や紫外線などのストレスで角層が乱れることも水分蒸発の一因。

お肌が水分を保てる大きな要因はセラミドです。
セラミドが角質層に十分にあればお肌は乾燥しません。
ところがセラミドは年齢ととも減少してしまいます。

この状態になると、外からたっぷり保湿をしても乾燥は解決しません。
肌の中でしっかり水分を逃がさない状態に戻すことが重要になります。

お肌の乾燥対策は何から?

お肌の中の水分を抱えて離さないセラミドやヒアルロン酸、
この成分を含んだ化粧水・美容液を使用するようにしましょう。

セラミドにも種類があるのですが、保水力が高いのは
セラミド1・2・3と言われてます。参考までに!

そして、保湿ケアでありがちなのが、化粧水を大量につけること。
化粧水は角層より奥には浸透しないため、あまり意味がありません。

それよりも、化粧水のあとの美容液やクリームが重要!
こちらの方が有効成分が多く含まれているので大切です。

こちらも保水力のあるものにし、口元・目元など細かいところまで
丁寧にぬるようにした方がよいでしょう。

古い角質を取り除くことも重要

そして乾燥がつづくとターンオーバーが乱れます。
古くなった角質が肌表面にたまりやすくなります。

慢性的に肌がガサガサする人は古い角質が溜まっている可能性が!
ピーリングコスメや酵素洗顔などで余分な角質を落としましょう。
化粧品の浸透も良くなり、肌環境が整いやすくなります。

肌の水分不足をなんとかしたい

皮膚がカサカサで粉をふいて困っています…
肌の水分不足を解消するにはセラミドが必要

お肌がカサカサになって困る!という人は多いと思います。
いわゆる乾燥肌ですね。肌の水分不足が影響しています。

このため、化粧水をタップリつけて対策している人もいます。
それでも、すぐに肌は乾燥してしまいます。

肌の水分不足の原因は・・・

それでは肌が水分不足に陥る原因はというと
保湿成分のセラミド不足ということです。

肌の一番上には角質細胞があります。これは死んだ細胞です。
これが外からの刺激や異物進入から守り、内からの水分蒸発を守ります。

その角質細胞どうしをつないでいるのが角質細胞間脂質という成分。
その中で約40%を占めているのがセラミドです。
セラミドは年齢とともに減少します。これが不足すると肌が乾燥します。

角質層の水分を守るのは!

角質層で水分蒸発を守っているのは以下の通り
ほとんどがセラミドに頼っていることわかります。

●セラミド・・・・・約80%
●天然保湿因子・・・約17~18%
●皮脂・・・・・・・約2~3%

皮脂が守れるのはごくわずか。クリームなどの
油分を塗っても乾燥肌が治らないのはこのためです。

保湿成分が不足するとどうなる?

なんとかして肌が水分不足に陥らないようにと
角質を分厚くして守ろうとします。いわゆる『角質肥厚』です。

角質が分厚くなると肌がくすみ、ターンオーバーも阻害されます。
毛穴は詰まりやすくなりニキビができやすくなります。

また、インナードライというタイプがいます。これは皮脂分泌は正常で、
肌の水分不足を皮脂で補おうとして大量に皮脂を出した結果です。

肌の乾燥、脂っぽい、ニキビ肌、などお肌の症状は
意外と密接に関係しています。根本から総合的に対策する必要があります。

肌の水分不足をなんとかするには!

乾燥肌の対策として以下のようなことが挙げられます。
補給とケアの両面から対策します。
※もちろん、これが全てじゃありません!

【補給】
●保湿成分セラミド配合の美容液
●ヒアルロン酸配合の美容液
●保湿パック(洗い流すタイプ)

【ケア】
●ケミカルピーリング
●酵素洗顔

乾燥肌の対策はセラミドの補給から

まずはセラミドの補給が第一です。セラミド美容液は
やや高額な商品が多いので、無理ならヒアルロン酸美容液。

ヒアルロン酸はベトベトするので、できるだけセラミドが理想です。
ちなみにアミノ酸のコスメはセラミドなどに比べて保湿に劣ります。

保湿パックで美容成分を肌に浸透させるのも効果的です。
ただし、ベリっとはがすタイプは肌に刺激を与えるのでNG!

セラミドはいつ作られる?

また、角質細胞間脂質はターンオーバーの過程で作られます。
肌の新陳代謝を活発にするには角質肥厚を防ぐ必要があります。

そのためにはピーリングが重要です。
普段から少しずつ対策すれば自宅用のピーリングでもOKです。

乾燥肌の『かゆみ』の原因とは

カサカサに乾燥すると痒みが襲ってくる!
なぜ普通の人よりも乾燥肌の方が痒いの?

乾燥肌や敏感肌の場合、すごく『かゆみ』を感じることが増えます。
水分が蒸発してカサカサな状態になると、特に痒くなります。

私の場合、思わず血が滲むまで掻いてしまうことも…。
この『痒み』はどのような仕組みになっているのでしょうか?

少し調べてみました…が、非常に難解な言葉のオンパレードです。
なので、できる限り簡単に単純に紹介します。
※専門家の方からすると『違うよ』と突っ込まれるかも…。

痒みは知覚神経で判断している

脳(大脳皮質)に情報を伝達する『知覚神経』という神経があります。
触角、味覚、嗅覚など様々な情報を拾う神経です。

知覚神経にはA、B、C繊維という3種類に分類されています。
A繊維はさらにAα、Aβなどに区分けされています。
その中で知覚神経C繊維で痒み(かゆみ)を認識しています。

知覚神経のが皮膚に存在している

知覚神経C繊維の先端に自由神経終末と呼ばれる部分があります。
ここに痒みを感じる受容器があるといわれています。

この知覚神経C繊維は表皮と真皮の境目付近にまで伸びています。
皮膚がかゆくなるのは、この神経が刺激を受けているからです。

乾燥肌や敏感肌の場合!

知覚神経C繊維は肌の乾燥や肌荒れがひどくなると、
肌の表面付近にまで伸びてくるという特徴があります。

従ってカサカサに乾燥してしまうようなタイプほど
知覚神経C繊維が皮膚の上層部にまで発達しています。

これが『肌がカサカサだと痒い』という正体です。
普通は肌表面には神経も血管もありません。
ところが痒み神経だけが伸びてくるので痒くなります。

掻いてしまうと、肌がさらにボロボロになっていまいます。
痒みを抑える医薬品が販売されていますので利用しましょう。
第2類医薬品なのでネット通販でも購入できます。

スポンサーリンク