無添加化粧品と自然派化粧品とオーガニック化粧品ってどんなの?

無添加・自然派・オーガニック化粧品とは

無添加化粧品 NOT = オーガニック化粧品
自然派化粧品 NOT = 無添加化粧品

自然派志向の流れが来てるので、化粧品の分野でも
安全なもの、天然のものを使ったコスメが人気です。

ところが、その意味についてよく知られていません。
なんとなくイメージで良さそうな感じはあります。

無添加化粧品とはどんな意味?

よく見かけるのが無添加を強調した化粧品の広告ページです。
この無添加というのは特に決まった定義があるわけじゃありません。
自然派化粧品も無添加化粧品も各メーカーが独自で表現してるだけ!

それでも、一般的には次のような定義で使われることが多いです。
『旧表示指定成分が未使用』=『無添加化粧品』

かつて、化粧品は102種類の表示指定成分がありました。
この成分を使用している場合は表示する義務がありました。

現在は全成分に表示義務があるので廃止されました。
このため『旧』表示指定成分と呼ばれています。

旧表示指定成分とは『アレルギーを引き起こす可能性の高い成分』です。
これはユーザーのためにあらかじめ表示しておく必要がありました。

これらの成分を使用していない化粧品を無添加化粧品と呼ぶことが多いです。
もしかすると、化学成分を一切含んでいない化粧品を
無添加化粧品と思っている人もいるかもしれませんが違います。

オーガニック化粧品とはどんな意味?

それではオーガニックはというと、本来の意味は『有機』です。
有機農法で作った食品のことを指しています。

ここから、オーガニック化粧品は、農薬や化学成分を使用せずに
製造した化粧品のことを指しています。

オーガニック化粧品は認定機関というのがあって、その認定を
受けていても受けていなくてもオーガニックと呼んでいます。
『無添加』同様に、特に規定があるわけではないということです。

表向きは有機栽培の植物エキスを使っていても、その抽出段階で
化学成分を使用していることもあります。

もしかすると、無添加化粧品をオーガニック化粧品と
思っている人がいるかもしれませんが全く違います。

自然派化粧品とはどんな意味?

この『自然派化粧品』という表記も良く見かけますがどんな意味でしょう?
こちらも決まった定義がありません。メーカーが勝手に使った表現です。

一般的には自然素材、天然素材を使用した化粧品のことを指しています。
あえて無添加と表現しないのは、必要に応じて化学成分をしているから
だと思われます。

実は、化学成分の方がはるかに安全で効率が良いこともあります。
このため、こだわり過ぎず適材適所に製造しているのが自然派化粧品!
ある意味、最もおすすめなのが自然派化粧品だと思います。

無添加化粧品なのに界面活性剤が入ってる

無添加だって信じてたのに界面活性剤が!
意外と知らない本当の無添加の意味とは?

無添加化粧品というジャンルに規定はありません。
『何かが添加されていない』というだけのことです。

何が入っていないのかは販売ページに記載されています。
『無香料・無着色・無鉱物油』といったといった具合に
明記されており、この場合、無添加化粧品になります。

無添加化粧品に何を求めていますか?

『界面活性剤』と『無添加』には何の関係もないので、
無添加化粧品に界面活性剤が入っていても不思議ではありません。

添加物を少なくしてシンプルなコスメにすればするほど
使い心地や管理方法などで使用者への不便な思いも増えます。

本当は、できる限り肌に良くて、余計な成分を除いて、
それでいて効果の高い化粧品であることが理想ですが、
現実的には、なかなか思うような商品に出会えません。

無添加化粧品に界面活性剤が入ってる?

よく勘違いしているのは無添加をオーガニックだと思っていることです。
本当のオーガニックコスメには化学成分は入っていません。
無添加化粧品は別です。必要に応じて化学成分が入っています。

天然成分と天然成分を化学的に合成すれば化学成分です。
石鹸も脂肪酸とナトリウム(カリウム)を合わせた化合物です。

『ファンケルは無添加なのに界面活性剤が入ってるの?』
・・・水と油を混ぜるために界面活性剤は必須です。

『無添加だと思ってたのに化学成分が入ってたなんて!』
・・・天然由来でも化合すれば化学成分になります。

『この美容液、つけ心地が良くない!』
・・・合成ポリマーなどでの調整を減らしているものと思われます。

『変な臭いがする』
・・・香料を使っていない場合は原料そのものの臭いです。

『えっ!冷蔵庫で保管しなくちゃいけないの?』
・・・防腐剤を制限している場合、腐りやすいため要冷蔵になります。

大手化粧品メーカーの商品がスバラシイ理由

口コミをみても分かる通り大手化粧品メーカーは人気があります。
これらに化粧品はしっかり仕上げて製造されています。

●ペチャペチャし過ぎていれば増粘剤を追加します。
●テクスチャーが良くなるように合成ポリマーで調整します。
●追加した成分に臭いがあれば香料を配合して臭いを消します。
●追加した成分が腐りやすければ防腐剤の種類を増やします。

1つ成分を使えば、帳尻を合わせるために別の成分を追加します。
そうやって、完璧に仕上げて販売します。

口コミ情報だけでは、肌に良い化粧品かどうかは分かりません!
また、美容専門の人、メイクアップアーチストたちの評価も
仕上がりの良さで判断していることが多いです。

自然派化粧品は安全なのか

オーガニックのデメリットとは何でしょう?
化学成分のメリットについて考えてみました

femalehormone.gif

ネギを首に巻く

風邪を引いて熱が出たときはどう対処していますか?
古くからの民間療法の1つにネギを使った方法があります。
焼いたネギを首に巻くと発汗作用が働いて熱が下がるとか・・・

本当に発熱で困ったとき、そんなことをするでしょうか?
私なら薬局で買った風薬を飲むか医者に薬を処方してもらいます。
効果の確実性が高いし、手っとり早いし・・・

化粧品にも、このような民間療法と同じ様なことがいえます。
『ネギ』がオーガニックコスメで『薬』が化学成分配合の化粧品です。

オーガニックコスメと自然派化粧品

オーガニックという言葉は食の分野でも良く聞きます。
自然派化粧品にしてもオーガニックにしても特に定義はありません。

簡単に言うと『無農薬で育てた自然の植物』をオーガニックと呼んでいます。
認定機関というのもあって、認定を受けるかどうかもメーカー次第です。

自然派化粧品の場合は、もっと不明瞭なので要注意です。
自然由来の成分を使っていて、合成成分が少ないメーカーは
そのような呼び方をしているようです。これもメーカー次第。

残留農薬まで気にしてますか?

どちらも同じような効果であるなら好き嫌いで選べばいいと思います。
しかし、自然の方が圧倒的に安全性に注意する必要があるんです。

その成分はいつも同じ効果なのか!どこの土壌で作られたのか!
収穫した季節はいつか、天候はどうだったか?
同じ植物でも、1つ1つが微妙に異なります。

また植物そのものが自然だとしても、農薬は使っていたのか?
使っていたら残留農薬の影響はどうなっているのか?
直接的には農薬未使用でも肥料はどのような成分なのか?

不純物がない成分にする

化学成分というと肌に良くないイメージがあるかもしれません。
しかし、確実に同じクオリティの成分ができ上がります。
特に不純物の除去に関して非常に安心感があります。

これが天然素材だったらどうでしょうか?
化学の力を、全く使わないで不純物を取り除くのに
お金も時間もかかります。おまけに確実性に疑問が残ります。

抗菌剤はどうしてるの?

化粧品は水分なので抗菌作用がないと腐ってしまいます。
そのため化粧品には抗菌剤が配合されています。

化学成分ではメチルパラベンやプロピルパラベンなどが有名です。
天然成分ではグレープフルーツ種子エキスが多用されています。

世の中にはいろんな菌が存在します!

ところが自然素材で抗菌する場合、大量に配合する必要があります。
それに比べてパラベンなら僅か0.1%もあれば殺菌できます。

さらには菌の種類はどこまでカバーできるのか?
パラベンはブドウ球菌、大腸菌など様々な菌に対抗できます。
天然の場合、殺菌できる種類はどうか?不安要素が多い!

さらには処理能力は均一か!全採取植物を検査できないので
ロット単位での検査だと思いますが、全部同じ働きができるのか?
太陽の当たりが悪かった植物は大丈夫なのか???

肌に優しい成分って難しい・・・

これらのことを考えると、自然化粧品は相当手間がかかってます。
安全性に関心のある人ほど化学成分に頼った方がいいような気がします。

当然ですが化学成分もお肌に良くない成分が多々存在します。
従って、決してどちらの味方をするわけでもありません。

オーガニックや自然派化粧品が安全という単純な切り分けでは
化粧品成分の善し悪しの判断がつかないということです。

当サイトで紹介している商品

下記ページで具体的に紹介しています。参考にしてみてください。
↓↓↓↓↓↓↓
オーガニックコスメのおすすめベスト3

オーガニックコスメなら安心できるのか?

オーガニックコスメは安全性とリスクとは
無添加化粧品の安全性とリスクとは・・・

『オーガニックコスメだから安心』という人が多いと思います。
中には何でもかんでもオーガニックを選ぶ人もいます。
果たしてオーガニック化粧品は本当に安心できるのでしょうか!?

オーガニックはコスメは化学肥料・化学農薬といった人工成分を
使わずに育てた植物などの天然由来成分を使って製造したコスメです。

このことからオーガニックコスメの安全性というのは
『化学成分による肌へのリスクがない』
ということにつきると思います。

天然のものでもトラブルを起こす可能性が!

●ウルシ科の『ウルシノキ』は皮膚炎を起こすことことがあります。
●キンポウゲ科の多年草『トリカブト』は毒性を持ってます。
●『とろろいも』の麦とろ御飯は口のまわりに付くと痒くなります。

上記の例はごく一部です。天然のものでも安全ではないものもあります。
このような成分は使用しないでしょうが、それは化学成分でも同じです。
肌に悪いことがわかっている成分の使用は禁止されています。

オーガニックで考えられるリスクは

自然のものだからこそ、成分の作用が一定ではないというリスクも!
土地、気象条件、管理方法などによっても違います。
全部の植物を1つ1つチェックすることはできません。

最も不安なのが抗菌性と保存期間ではないでしょうか?
腐ったオーガニックコスメと腐らないケミカルコスメはどっちがいいか!

抗菌するために大量の防腐作用のあるエキスを
配合する必要があるケースもみられます。

もしも化学成分で抗菌すれば0.1%くらいで済むかもしれません。
しかも、様々な種類のカビ、ブドウ球菌などを殺菌できます。

ハエを落とすならどうする?

部屋にハエがいて退治しようと思ったときに、
ハエたたきを使って、打ち落とすか?殺虫剤を使って落とすか?

『殺虫剤って吸い込むと体に悪いんでしょ』と思うか!
『ちょっと使うくらいなら影響ないよ』と思うか!

無添加なら安全性が高いのか?

化粧品の無添加とは特に決まりがごとがあるわけではないですが、
102種類の旧表示指定成分が入っていない商品を指すのが一般的です。

パラベンフリーだから安全?

例えば、パラベンは旧表示指定成分です。これを使わない代わりに
フェノキシエタノールやBGやPGなどを使用します。

実はフェノキシエタノールの方が安全性に不安があるという見解も
あるんです。知らない人は『パラベンフリーだから安全』と思って
購入してしまうケースもあると思います。

今の化粧品は全成分表示義務あり

旧表示指定成分は古くから研究されていて、どこまでの配分なら安全か
という基準や影響がはっきりしています。

このことから無添加化粧品の安全性というのは
『古くから知られたアレルギーの可能性のある成分は未使用』
という言い方ができるかもしれません。

ところが、様々な新しい成分が開発されてきた結果、
旧表示指定成分だけでは安全性が守れなくなったということで
化粧品は全成分を表示しなければならないことになりました。

旧表示指定成分以外の成分や、特に新しい成分の安全性は
長期間使用した場合になると不明といったケースもあります。

オーガニックコスメの良さって何ですか

オーガニックコスメには良さしかない?
使ってみないと分からないデメリットも

オーガニックコスメは化学肥料や化学的な製造方法を使わず、
自然の良さを生かし作られた化粧品のことをいいます。

特にオーガニックの厳格な定義もなく規定もありません。
メーカーが『オーガニック』だと言えばオーガニックになります。

一応、認定機関というのは任意でありますが、
認定を受けても受けなくても自由です。認定を受けるとなると
原料の農家や肥料まで、かなり厳しくチェックされます。

オーガニックコスメの良さとは何ですか?

化学成分を使うとお肌が反応してしまうという人にはメリットあり!
オーガニックコスメの一番のおすすめなポイントは以下の2つです。

●原料が天然由来
●化学的な加工がない

ただし、コスメのエキスを抽出するために中間的に化学成分を
使用しているケースもあります。オーガニック認定を受けている場合は、
全てしっかりチェックされていることが多いです。

オーガニックのデメリットとは!?

やはり、使用感に関することがオーガニックのデメリットの可能性大!
どうしてもケミカルコスメと比べると化粧品の仕上がり良くないです。

●テクスチャー(使用感)
●匂い
●保存期間

オーガニックコスメに興味がある人でも、
実際に使ってみると下記のようにいろいろ不満がでています。

『えーっ冷蔵庫で保管しなくちゃいけないの!』
『何!この変な臭いは?』
『肌につけるとベトベトしてイヤ』

自然の植物で製造さえているので、これらはデメリットは
当たり前といえば当たり前です。これらを受け入れることができかどうか!

スポンサーリンク

Follow me!