肌を守る日焼け止めについて | 紫外線で皮膚が老化する?

このページの目次

日焼け止めの表示『SPF』と『PA』とは

日焼け止めに書かれた謎の表記!
『SPF』『PA』ってなに?

spfpa.jpg

紫外線カットに欠かせないのが日焼け止め!
その日焼け止めには2つの表記があります。

●SPF(Sun Protection Factor)
●PA(Protection Grade of UVA)

SPFとPAにはそれぞれ違った意味があります。
その数値によって適した使用シーンが変わってきます。

例えば、市販で売られている中で一番強いのが『SPF50 PA+++』
ですが、これは海や日差しの強い中でのレジャーシーンに適した数字。

日常使いするには強すぎて、肌への負担も大きくなります。
SPFとPAの意味をしっかり把握して、
自分のライフスタイルに合った日焼け止めを選ぶようにしましょう。

SPFとは

UVB(紫外線B波)をカットする働きがあります。
SPFに書かかれている数字は、日焼け止めを塗らなかった時と比べ、
紫外線の影響で皮膚が赤くなるまでの時間をどれくらい伸ばせるかという数値です。

皮膚は、だいたい20分前後でが赤くなり始めます。
これを基本単位として『SPF1=約20分の防御力』としています。
SPF1は約20分間の日焼け止め効果があると覚えましょう。

するとSPF30の場合、下記のようになります。
約20分×SPF30=約600分(約10時間)

そう考えるとSPFは30より低くても日常生活では十分ですね。
赤くなりやすい人は、10分で計算すると安心でしょう。

PAとは

UVA(紫外線A波)をカットする働きがあります。
PAは「+」の数が多いほどUV-Aをカットする力が強いという意味になります。
下記のような3段階表示であらわします。

+・・・・・効果あり
++・・・・かなり効果あり
+++・・・非常に効果あり

なお、紫外線A波は曇りの日でも地上にそそいでいます。
また、ガラス窓も通過します。
家の中にいても日焼け止めを塗った方がいいと言われるのはこのためです。

紫外線には種類がある

●UV-A(紫外線A波)
浴び続けると肌が黒くなります(サンタン)。
A波は肌のシミ、しわ、たるみ、皮膚がんなどに関連します。

●UV-B(紫外線B波)
浴び続けると肌が火傷します(サンバーン)
B波は表皮が赤くなる日焼け、シミ、皮膚がんなどに関連します。

●UV-C(紫外線C波)
オゾン層に遮られて地上には降り注いできません。
最も危険な紫外線です。オゾン層を守らなくてはいけないのはこのためです。

日焼け止めを塗る量が少ないと効果が薄れます

意外と知られていないのは、
この数値が1平方センチメートルに対して2mg塗った時の値であることです。

ところが女性の1回の平均使用量はこの4分の1だと言われています。
すると効果は20分の1にまで下がります。
これでは紫外線から肌を守るために日焼け止めを塗っている意味がありません。

たしかに日焼け止めの厚塗りは皮膚が重たく感じたり、白浮きしたりしますので、
好みの使用感を吟味したり、こまめに塗りなおしたりすることが大切です。

化粧下地と一緒になったものはしっかりぬっても使用感が気になりにくいものが多く、
返って肌をきれいに仕上げてくれるものもあります。

日常使いならどれくらいの数値がいいか?

普段の生活で日焼け止めを使うのであれば、
以下のような製品で十分と言われています。

●SPF15~30
●PA++

ファンデーション、化粧下地には、
このくらいの日焼け止め効果が入ってる製品が多いです。
無理に日焼け止めを塗らなくてもファンデで代用できます。

数値が大きければ肌への負担も大きくなります。
特にトラブル肌の人は要注意!
肌への負担を考えて選びましょう。

日焼け止めの人気ベスト3

紫外線による肌の老化

シミ・しわ・たるみ・乾燥など
紫外線は肌に重大な影響を及ぼします!

femalehormone.gif

今やUVカットは1年中必須のケアとも言われています。
それでもついつい日焼け止めを塗るのを忘れたり、
うっかり日焼けをしてしまうことがあります。

紫外線の怖さがまだ理解しきれてないからではないでしょうか。
皮膚への感覚がなくとも紫外線は確実に肌の老化を招きます。

それも、シミ・しわ・たるみ・乾燥など・・・、
ありとあらゆる肌の悩みの原因となってしまいます。

コラーゲンを変性させるUV-A

紫外線で老化を招いているのは、UVーAとUV-Bです。
UVーAは、肌の真皮まで到達して、深刻なダメージを与えます。

肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを傷つけます。
その結果、コラーゲンを変性させてしまいます。

そのため、弾力がなくなり、しわやたるみができやすくなります。
そして、お肌は防御のためにメラニン色素を作り出します。
それがうまく排泄されないとシミとなって表面に現れてしまいます。

UV-Aはガラスを透過します。曇りの日でも地上に注がれます。
車内や室内でも日焼け止めを塗ってカットするのが良いでしょう。

肌の表皮にダメージを与えるUV-B

日焼けすると赤くなってヒリヒリすることがあります。
これはUV-Bの影響です。日焼けして肌を黒くする作用もあります。

また、表皮にダメージを与えるということは、角層の状態を乱して、、
乾燥を招いたり、肌荒れしやすい状態にしてしまいます。

UV-Bは、ガラスを透過しませんので室内なら大丈夫。
しかし、屋外では直射日光以外に照り返しにも注意しましょう。

紫外線は真夏だけじゃない!

紫外線は夏に多いイメージがあると思います。ところが・・・
シミ・シワ・たるみの原因になるUV-Aは、3月ごろから急上昇!
4月5月ごろには真夏と同じくらいの量があるのです!

10月ごろからUV-A・UV-Bともに減少していきます。
それでも1年中降り注いでいるため、1年を通してのUVカットが必要!
UV-Aは冬でも夏の半分くらいは降り注いでいるので油断は禁物。

日焼け止めは1度塗ったきりにせず、汗や摩擦で落ちるものと考え、
3時間ごとぐらいにこまめに塗りなおすようにしましょう。

日焼け止めの新基準PA++++とは

日焼け止めにPA++++(フォープラス)出現
今までのPA+++と何がどのように違うのか

femalehormone.gif

2013年から日焼け止めの製品に『PA++++』という商品が!
これまでは最高でも『PA+++』だったはずです。それが+4つ。

実は2013年1月から新基準になり4段階になったんです。
『ピーエーフォープラス』と呼ぶようです。

そもそもPAって何!?

PAは紫外線の中でもUVA(紫外線A波)の防御力を表しています。
ちなみにUVB(紫外線B波)の防御力はSPA○○で表記します。

PAは『Protection Grade of UV-A』を省略しています。
UVAは肌の中間層の真皮にまで影響を及ぼします。
しわ、たるみという肌にとって深刻な事態に直結します!

UVBは肌を赤く火傷させるので一見すると深刻ですが、
表皮はターンオーバーするので真皮のダメージよりも安心です。

もちろん、単純には分けられず、UVBも真皮に影響します
UVBはシミの原因になるので、どちらも防御が必要です。

窓も突き破る浸透力!

『曇りの日でも日焼けする!』と言われています。
ところが実際には肌は赤く火傷状態にはなりません。

実は、この火傷になるのがUVBです。UVBは表皮に強く影響します。
ただし、雲やガラスなどの障害物で、かなり遮られます。

一方、UVAは雲も窓も突きぬけます。
曇りの日でも家の中でも日焼け止めが必要という理由がUVA!

SPFに比べて単純なPA

それにしてもSPAは数値で20とか50とか表記されます。
PAの方は+が4段階だけなので単純です。

SPAは肌がサンバーンを起こすのを20分遅らせるのがSPA1です。
SPA10というのは10×20分=200分遅らせます。

肌表面を火傷させるUVBに対してUVAは長い時間をかけて
徐々に肌の内側を壊していきます。このため、影響を測るのが困難!
このため、4段階という単純な区分けになっているようです。

SPAもPAも高ければ高いほど肌への負担は増大します。
PA++++だから良いというわけではありません。
普段使いならPA++くらいの商品がおすすめです。

SPA+++と++++の違いは?

各メーカーのサイトで詳しく説明されていますが、
ほぼ下記のような表現で説明されています。

PA+・・・・・・効果がある
PA++・・・・・かなり効果がある
PA+++・・・・非常に効果がある
PA++++・・・極めて効果が高い

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは

日焼け止めには2つのタイプがあるの?
それぞれの違いや特徴や肌への影響は!

紫外線は1年中降り注いでいるので常に日焼け対策が必要です。
シーズンオフならパウダーファンデだけでも日焼け止め作用があります。

ところで、日焼け止めには大きく分けて2つの方式があります。
●紫外線吸収剤
●紫外線散乱剤

紫外線吸収剤とは何でしょう?

紫外線吸収剤という成分はいろいろあるので日焼け止めによって
違いますが、どれも紫外線を吸収する作用があります。

●メトキシケイヒ酸オクチル
●t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
etc…

紫外線吸収剤のメカニズムは以下のような内容です。
①吸収剤は紫外線を受けると、
②紫外線を熱エネルギーに変化させる
③放出する

吸収剤の問題点としては、上記のような化学変化が肌で起きる
ということです。この変化の過程が肌に負担がかかるとのこと。
活性酸素が発生して、お肌を老化に導いてしまうと言われています。

とはいえ、今の商品は改良されていてお肌への負担が軽い商品も!
日焼け止め専用のクリームだと紫外線吸収剤でも
安心できるようになってきています。

メリットとしては、UVカット力を高くしやすいこと。
『SPF50、PA+++』くらいのUVカット力の商品だと
紫外線吸収剤の日焼け止めが多くなるのは、このためです。

紫外線散乱剤とは何でしょう?

日焼け止めの紫外線散乱剤というのは、お肌に当たった紫外線を
反射させて紫外線から肌を守る方式の商品になります。

『ノンケミカル』と表記されていることもあります。
以下のような成分が使用されています。

●酸化チタン
●酸化亜鉛
●酸化鉄

肌の上で光を反射させる方式は化学変化ではないノンケミカルなため
お肌に優しいと言われています。トラブル肌の人ほど紫外線散乱剤を!

酸化チタンは白い粉状の成分で、これが白浮きの原因になります。
とはいえ、どのメーカーも白浮きしにくいように改良されつつあります。

金属アレルギーのある人は合わない可能性はあります。
ただし、成分をコーティングしてある日焼け止めも多いです。

パウダーファンデーションも紫外線散乱剤になる!

パウダータイプのファンデにも紫外線散乱剤が入っています。
このため『SPF○○、PA++』といった表記があります。

こちらも成分をコーティングしてあると安心です。
ただし、コーティングの有無を明記していない商品が多いです。

紫外線散乱剤のコーティング

より安心して紫外線散乱剤を使えるように、成分をコーティングします。
このとき使われる成分は以下のようなものが多いです。

●水酸化Al
●シリカ
●酸化アルミ
●ジルコニウム
●ステアリン酸Al

多くの商品で水酸化Al(水酸化アルミニウム)やシリカが使われています。
商品の成分一覧を見て、これらが含まれていれば、コーティングしてある
という予想はつきますが、念のためメーカーに確認するのもいいですね。

コーティングがないとお肌の負担となって活性酸素を発生させる
という見解もあるようですが、それなら結局何を使っても
お肌に良くないような気がします・・・。

いずれにしても金属アレルギーの人も安心です。
しかもお肌に優しいので、肌に不安があるひとは紫外線散乱剤を!

『紫外線は曇りの方が多い』は本当か

海水浴場で、まことしやかに語られる噂
『紫外線は曇りの方が多い!』は本当か

紫外線は太陽から地球に到達してからも様々な邪魔が入ります。
オゾン層の影響や大気中の微粒子、雲などで徐々に減衰していきます。

ということで、普通に考えても曇りの方が弱いです。
つまり『紫外線は晴れの方が強い』が一応は正解です。
1つだけ例外があるようです。

晴れと曇りで紫外線の強さは違う

紫外線の強さは快晴のときが最も強く降り注ぎます。
晴れと曇りでどれくらい違うのか目安として下記のような数値です!

快晴・・・・100%
晴れ・・・・90%
薄曇り・・・85%
曇り・・・・60%
雨・・・・・30%

薄曇りの日に要注意!

実は気象庁が提供しているサイトに詳しいことが記載されています。
それによると『薄曇りの日で日差しがあるとき』には要注意!

なんと紫外線が100%を超えることがあるそうです。
晴れのときでも雲が少しあると100%越えのケースがあります。
つまり快晴を上回ることがあるということ!

これは雲からの散乱光が加わるからです。
直接光だけじゃなく散乱光や反射光にも注意が必要!

ということで、曇りの日の方が紫外線は強いという噂はウソ!
ですが、例外的に雲が少しあった方が強いときもあるということ。

UVAが雲を突き抜ける

地上に降り注ぐ紫外線にはUVAとUVBがあります。
このうちUVAは雲を突き抜けます。

UVBは肌が赤く火ぶくれ(サンバーン)を引き起こします。
曇りの日は、UVBがカットされるためこのような現象は少ないです。

しかし、UVAは雲を突き抜けます。
さらには窓ガラスも突き抜けます。

真皮に影響がでる

UVAは肌の奥にある真皮層にまで影響を及ぼします。
真皮を破壊されると、表皮以上に再生が困難になります。
ここはターンオーバーしません。

真皮は肌のハリ・深いシワに決定的に影響します。
また、この領域に落ち込んだシミはクリニックでないと消せません。

曇りの日や家の中とはいえ紫外線に注意する必要がある
といわれるのは、このような理由があります。

SPF50の紫外線防御率はSPF30と同程度

SPFの防御率はどの商品も大差ない?
違いは日焼けを防げる時間だった!

SPF20とSPF50は変わらない?

SPF20~SPF50までの紫外線対する防御率は
約95~約97%くらいです。

上記は正確な数値ではありません。
というのも防御力で比べるとほとんど大差ありません。
『防御率』のことを『遮断率』ともいいます。

SPFって何だっけ?

『SPF』はUVB(紫外線B波)を防ぐ力を表す数値です。
UVBは肌を赤くして火傷させます。
UVAは肌を黒くメラニンを増やします。

ちなみにUVAを防ぐ力を表すのが『PA』です。
PA+~PA++++までの種類しかありません。

SPFは日焼け開始までの時間をあらわす

SPFは紫外線の防御率というより防御時間をあらわします。
一般的にはSPF1の場合、日焼けを約20分防ぎます。

肌の強さは人によりけりなので弱い人の場合、
約10分くらいの短さになるとも言われています。

また、日焼け止めの塗り方にもよります。
ものすごく少なく塗る人は当然ですが防御率が落ちます。

途中で塗り直さないと仮定すると8時間防御するのに
約20分x8時間=SPF24

SPF24のUVケア商品で間に合います。
通勤時間帯だけ、買い物に出かけるときだけ
という場合は、数値が低めの商品でもOKです。

SPFが高いと肌負担も増える

若干でもいいからSPFの数値が大きい方を買いたい!
という気持ちも分からないでもありません。

ところが、数値が大きくなるほど肌への負担は増えます。
SPFが高いと紫外線吸収剤を使うケースが多いです。

日焼け止めに使用される成分方式は大きく2種類あります。
●紫外線散乱剤
●紫外線吸収剤

紫外線散乱剤は肌への負担が少ないといわれています。
肌に上で光を散乱させて紫外線の侵入を防ぎます。
『ノンケミカル』と記載された商品はこのタイプです。

一方、紫外線吸収剤は紫外線を熱エネルギーにかえて防ぎます。
これが肌に負担をかけるといわています。

ただ、現在の紫外線散乱剤は肌負担が少ない商品もあります。
また、SPFが大きくなるほど紫外線吸収剤が使われます。

普段使う場合は…

ということから普段使う日焼け止めと
リゾート地で使う日焼け止めは別商品にするのが理想です。

一般的には普段なら『SPF15、PA++』
これくらいのもので大丈夫だといわれています。
真夏であれば『SPF30、PA+++』

紹介したようにSPF30とSPF50ではほとんど違いがありません。
普段であれば紫外線が肌に当たる時間を計算して選びましょう。

※紫外線に関して下記の記事も参考にしてみてください!
日焼け止めの表示『SPF』と『PA』とは | 紫外線から肌を守る

日焼け止めと紫外線

日焼け止め製品は使い方によっては威力が半減している
厚塗りがイヤならこまめに塗るか化粧品と組み合わせる

日焼け止めの注意事項

紫外線対策として、日焼け止めクリームを使いますが、あなたは日焼け止めクリームを正しく塗っていますでしょうか?せっかくの日焼け止めなのに、正しく塗らないとその効果が半減してしまいます。基礎知識を身につけましょう。まず、日焼け止めの正しい塗り方は適量を日焼けしたくない部分へ塗るということです。日焼け止めを塗ると白く浮いたりするため、薄く伸ばして塗る方が多いと思います。

日焼け止めに表示されているSPFやPAは1平方センチメートルあたり2ミリグラムずつ塗ったときの値になるそうです(2mmじゃなく2mgです)。しかし、実際に2ミリグラム塗るとかなり白く浮き立って見えてしまいます。薄く伸ばしてしまってはSPFやPAの表示通りの効果は得られなくなります。

例えば、SPF50の日焼け止めを測定基準の半分の量で使用した場合はSPF25と同じことになります。自分はSPF50を使っているから安心だ!・・・と思ってたらSPF25だったなんてことになったら宝の持ち腐れ?になります。最近では白浮きしにくい日焼け止めも売っているのでそれらを使ってみるか、どうしても白く浮くのが嫌な方は頻繁に日焼け止めを塗ってくださいね。

紫外線は衣服を透過する

紫外線は一年を通じて、春から夏、そして夏から秋にかけての時期が、1年のうちでもっとも紫外線から受ける影響が強い時期になってきます。この紫外線の一要素であるUVAは、晴れているときばかりではなく、曇りの日までも地上までしっかりと、届いています。

このUVAは、さらに、とてもやっかいで肌を黒くしてしまいます。そして、さらに皮膚の奥深くにまで入り込んでしまうたに、人は紫外線を長時間浴び続けることで、お肌を老化させてしまう原因を作ってしまうことになります。

また、あなたはこの紫外線が衣服を貫通して透過してしまうことをご存じでしたでしょうか?衣服を身に着けていれば日焼けをしないという認識は捨てて下さいね。最近では、紫外線防止対策の衣服も販売されています。カーボンやチタンを使っているようです。

織り方・素材・色に注意

『織り方・素材・色』の3つに要注意です。織り方は複雑な方が良いです。あまり、織り方まで見て服を購入することはないと思いますが、ニットのようなスカスカの物は当然紫外線を通過させやすくなります。ちなみに日傘でスカスカの製品がありますが、これも要注意です。

素材は薄めよりも厚めの方が通過しにくいです。ポリエステル・ビニロン(PVA繊維)・羊毛が同レベルで紫外線を通しにくいです。アセテート・綿・絹・ナイロン・レーヨンは同じレベルで少し通しやすい素材です。

色ですが、結論から言うと一番紫外線を通しにくいのは『黒』です・・・ビックリ!の方も多いでしょうか?白かと思った人は多いと思いますが、白が紫外線を一番通しやすいです。熱の反射率は全く逆で、黒が一番熱を吸収しやすいので暑いです。涼しさを取るか紫外線防御を取るか悩みどころです。

繊維製品で使われるUPF

『UPF』は繊維製品で使われる紫外線保護指数のこと
これなら日焼けしにくい衣類かどうかがわかりやすい!

UPFとは何のこと?

繊維製品でどれくらい日焼けを防ぐかという指数に『UPF』というのがあります。UV Protection factor(紫外線保護指数)というものです。日本では『SPF』や『PA』を使用しているのであまり聞いたことがないかもしれません。『UPF』はオーストラリアとニュージーランドの規格です。地上に注いでいる紫外線にはUVAとUVBがありますが、UPFは、この2つの紫外線に対する防御能力をあらわす指数です。

SPFが日焼けまでの時間を20分としています。SPF1=20分です。UPFもこれと同じです。ということで数値は日本と同じ感覚です。紫外線A波もB波も防ぐことを考慮した規格なので、こちらの方がわかりやすいですね。

ちなみに、SPF50なら『20分X50=1000分』なので1000分(16.6時間)防御するということになります。UPF50も同じ時間です。ただし、繊維製品に対しての規格です。要は『衣服を着ていて紫外線に当たった場合の遮蔽率』のことなので、化粧品や日焼け止めの『SPF』や『PA』とは根本的に異なる基準です。

日本にも進出か!?

オーストラリアやニュージーランドの場合、日差しが強いということもあってか紫外線対策が進んでいるようです。実は、日本でもUVカット製品の衣服で『UPF』を表記している製品があります。UPFと記載されていないケースで『紫外線遮蔽率90%以上』のような表記の場合もUPFを使ってるものと思われます。

私は、実際に見たことありません。おそらく全く同じ服でも色によって異なるはずなので、もし、見かける機会がありましたら、そのあたりを注意して確認してみてください。・・・と思ったのでアマゾンのサイトで検索してみました。

Amazonサイトで『UPF 服』と検索!

かなりたくさん商品がでて来たと思います。ところが、商品の色違いがあってもUPFは同じでした。メーカーが色ごとのUPFを細かく検証してないのか、紫外線防御が一番不利な色を想定した結果なのかはわかりません。

要はUVカットの素材を使用しているからといって、防御効果は『織り方・素材・色』で異なるので、その点は注意が必要になります。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る