タバコは美容の大敵

毎日毎日しっかりスキンケアをしているのに
タバコがお肌をボロボロにしてしまう・・・

femalehormone.gif

女性でも喫煙をする人は、ここ40年間(※記事執筆時点2014年)で20代では、
約4倍にも増えているといいます。むしろ禁煙男性が増加中!

40代以降の女性喫煙はは減少傾向にありますが、
20代30代の肌のキレイな年齢の時にスパスパと・・・。

美容の大敵であるタバコを吸っている女性が多いということは、
お肌のためには、とてももったないと思いませんか?

タバコはお肌に複合的な影響を与えます!

例えば下記のようなスキンケアにとって重大な症状が発生します。
まさに美容の大敵。コスメでのケアが台無し・・・

●シミ
●シワ
●くすみ
●たるみ
●肌老化
etc・・・

タバコの何が美容の大敵なのか!その理由とは?

●ビタミンCが減少
●血行不良
●活性酸素が大量に発生

以下では美容の大敵である理由を具体的に説明します。
スキンケアにとっては『百害あって一利なし』です。

喫煙でビタミンCが減少する

まずは、喫煙で大量のビタミンCが減少するということ!
ビタミンC特徴を簡単にまとめると以下の通りです。
あらゆる肌の悩みに対応できる、オールマイティな成分です。

●余分な皮脂の分泌をおさえる
●コラーゲンの生成を促す
●美白効果
●抗酸化作用
etc…

1本の喫煙で25~100mgのビタミンCを破壊します。
これはレモン1個分なので、1日で1箱吸えば・・・、
レモン20個分のビタミンCを消失することになります。

これは食品やサプリメントでとても補える量ではありません。
そのため、喫煙者の肌は慢性的なビタミンC不足になり、
シワやシミ・たるみが出やすくなります。

喫煙による血行不良

タバコを吸うと血管が収縮し血流が悪くなり、新陳代謝が悪化!
タバコを吸うと2~5度も皮膚の温度が低下するといわれ、
その分、血流が悪くなり、もとに戻るには1時間以上もかかります。

元に戻ったころには次のタバコを吸ってしまうため、
再び血流悪化を招き、1日中慢性的な血行不良に陥ります。

血行がわるいと『くすみ』の原因にもなりますし、
新陳代謝の低下により老化が早まります。

喫煙すると活性酸素が大量に発生!

活性酸素は細胞をさびさせ、シミ・しわなどあらゆる老化の原因に!
抗酸化成分であるビタミンCも喫煙によって不足しているので、
活性酸素がいつまでも体内に溜まっていることになります。

また、タバコに含まれるタールは、肌の色を悪くしたり、
毛穴に付着して黒ずみの原因にもなります。
また、歯の黄ばみや歯茎の黒ずみもタールが原因です。

タバコは美容の大敵だった!

以上のようなことからも分かるように肌の大敵です。
タバコのありとあらゆることが美容にはよくありません。

ツヤとハリのある肌や、血色のよい唇・肌色を取り戻したい!
というのであればタバコは本当にデメリットが多いです。

今はこの症状がでていなくても年齢を重ねるごとに、
非喫煙者との差は確実に開いていきます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 基礎化粧品トラアルセットおすすめベスト

    有名な基礎化粧品や高級品もお手頃価格で利用できるのがお試しセットのいいところ!容器が可愛かったり…
  2. ビタミンC粉末を化粧水に混ぜる

    ビタミンCを肌に塗るエイジングケア イオン導入よりも断然手軽にできる! 芸能人にも愛…
  3. 目の下のクマを消すにはどうしたらいいか

    目の下にクマがあると老けて見えてしまうこれを解消して年齢よりも若く見られたい 睡眠不足や長時間…

全コンテンツ

ページ上部へ戻る